Debian セキュリティ勧告

DSA-094-1 mailman -- クロスサイトスクリプティングのセキュリティホール

報告日時:
2001-12-16
影響を受けるパッケージ:
mailman
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
現時点では、その他の外部参考セキュリティデータベースはありません。
詳細:
Barry A. Warsaw さんにより、Mailman にいくつかのクロスサイトスクリプティングの セキュリティホールが報告されました。これは、CGI の変数の中身のエスケープが 欠けていることによるものです。

この問題は、上流ではバージョン 2.0.8 で修正され、対応するパッチは Debian のバージョン 1.1-10 でバックポートされています。

修正:

Debian GNU/Linux 2.2 (potato)

ソース:
http://security.debian.org/dists/stable/updates/main/source/mailman_1.1-10.diff.gz
http://security.debian.org/dists/stable/updates/main/source/mailman_1.1-10.dsc
http://security.debian.org/dists/stable/updates/main/source/mailman_1.1.orig.tar.gz
Alpha:
http://security.debian.org/dists/stable/updates/main/binary-alpha/mailman_1.1-10_alpha.deb
ARM:
http://security.debian.org/dists/stable/updates/main/binary-arm/mailman_1.1-10_arm.deb
Intel IA-32:
http://security.debian.org/dists/stable/updates/main/binary-i386/mailman_1.1-10_i386.deb
Motorola 680x0:
http://security.debian.org/dists/stable/updates/main/binary-m68k/mailman_1.1-10_m68k.deb
PowerPC:
http://security.debian.org/dists/stable/updates/main/binary-powerpc/mailman_1.1-10_powerpc.deb
Sun Sparc:
http://security.debian.org/dists/stable/updates/main/binary-sparc/mailman_1.1-10_sparc.deb

一覧にあるファイルの MD5 チェックサムは勧告の原文にあります。