Debian セキュリティ勧告

DSA-711-1 info2www -- 入力に対するサニタイジングの欠落

報告日時:
2005-04-19
影響を受けるパッケージ:
info2www
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Debian バグ追跡システム: バグ 281655.
Mitre の CVE 辞書: CVE-2004-1341.
詳細:

Nicolas Gregoire さんは、info2www にクロスサイトスクリプティング脆弱性を発見しました。info2www は info ファイルを HTML に変換するプログラムです。悪意を持った人が一見無害に見えるリンクを web 上に置くことで、犠牲となるユーザのブラウザ上で任意のコマンドの実行が可能です。

安定版ディストリビューション (stable、コードネーム woody) では、この問題はバージョン 1.2.2.9-20woody1 で修正されています。

不安定版ディストリビューション (unstable、コードネーム sid) では、この問題はバージョン 1.2.2.9-23 で修正されています。

info2www パッケージのアップグレードをお勧めします。

修正:

Debian GNU/Linux 3.0 (woody)

ソース:
http://security.debian.org/pool/updates/main/i/info2www/info2www_1.2.2.9-20woody1.dsc
http://security.debian.org/pool/updates/main/i/info2www/info2www_1.2.2.9-20woody1.diff.gz
http://security.debian.org/pool/updates/main/i/info2www/info2www_1.2.2.9.orig.tar.gz
アーキテクチャ非依存コンポーネント:
http://security.debian.org/pool/updates/main/i/info2www/info2www_1.2.2.9-20woody1_all.deb

一覧にあるファイルの MD5 チェックサムは勧告の原文にあります。