Debian セキュリティ勧告

DSA-1165-1 capi4hylafax -- 入力に対するサニタイジングの欠落

報告日時:
2006-09-01
影響を受けるパッケージ:
capi4hylafax
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Mitre の CVE 辞書: CVE-2006-3126.
詳細:

Lionel Elie Mamane さんにより、CAPI 2.0 デバイスを用いて Fax 送受信するためのツール capi4hylafax にセキュリティ関連の脆弱性が発見されました。 この問題により、Fax を受信しているシステムでリモートの攻撃者が任意のコマンドを実行することが可能です。

安定版ディストリビューション (stable、コードネーム sarge) では、この問題はバージョン 01.02.03-10sarge2 で修正されています。

不安定版ディストリビューション (unstable、コードネーム sid) では、この問題はバージョン 01.03.00.99.svn.300-3 で修正されています。

capi4hylafax パッケージのアップグレードをお勧めします。

修正:

Debian GNU/Linux 3.1 (sarge)

ソース:
http://security.debian.org/pool/updates/main/c/capi4hylafax/capi4hylafax_01.02.03-10sarge2.dsc
http://security.debian.org/pool/updates/main/c/capi4hylafax/capi4hylafax_01.02.03-10sarge2.diff.gz
http://security.debian.org/pool/updates/main/c/capi4hylafax/capi4hylafax_01.02.03.orig.tar.gz
Alpha:
http://security.debian.org/pool/updates/main/c/capi4hylafax/capi4hylafax_01.02.03-10sarge2_alpha.deb
AMD64:
http://security.debian.org/pool/updates/main/c/capi4hylafax/capi4hylafax_01.02.03-10sarge2_amd64.deb
ARM:
http://security.debian.org/pool/updates/main/c/capi4hylafax/capi4hylafax_01.02.03-10sarge2_arm.deb
Intel IA-32:
http://security.debian.org/pool/updates/main/c/capi4hylafax/capi4hylafax_01.02.03-10sarge2_i386.deb
Intel IA-64:
http://security.debian.org/pool/updates/main/c/capi4hylafax/capi4hylafax_01.02.03-10sarge2_ia64.deb
Motorola 680x0:
http://security.debian.org/pool/updates/main/c/capi4hylafax/capi4hylafax_01.02.03-10sarge2_m68k.deb
PowerPC:
http://security.debian.org/pool/updates/main/c/capi4hylafax/capi4hylafax_01.02.03-10sarge2_powerpc.deb
Sun Sparc:
http://security.debian.org/pool/updates/main/c/capi4hylafax/capi4hylafax_01.02.03-10sarge2_sparc.deb

一覧にあるファイルの MD5 チェックサムは勧告の原文にあります。