Debian セキュリティ勧告

DSA-1199-1 webmin -- 複数の脆弱性

報告日時:
2006-10-23
影響を受けるパッケージ:
webmin
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Debian バグ追跡システム: バグ 341394, バグ 381537, バグ 391284.
(SecurityFocus の) Bugtraq データベース: BugTraq ID 15629, BugTraq ID 18744, BugTraq ID 19820.
Mitre の CVE 辞書: CVE-2005-3912, CVE-2006-3392, CVE-2006-4542.
詳細:

複数の脆弱性が、ウェブベースの管理ツールキット webmin で確認されました。 Common Vulnerabilities and Exposures プロジェクトでは以下の脆弱性を特定しています。

  • CVE-2005-3912

    miniserv.pl にフォーマット文字列脆弱性があり、 攻撃者がアプリケーションをクラッシュさせたり、 システムリソースを使い果させることで、サービス不能 (DoS) 攻撃を引き起こし、任意のコードを実行される可能性があります。

  • CVE-2006-3392

    miniserv.pl に入力に対する不十分なサニタイズ処理があり、 攻撃者が miniserv http サーバに特殊な細工をした URL パスを送信することによって、webmin ホスト上の任意のファイルを読む出すことが可能です。

  • CVE-2006-4542

    miniserv.pl に URL 中のヌル文字の不適切な処理があり、 攻撃者がクロスサイトスクリプティング攻撃を導いて、CGI プログラムソースコードを読み込んだり、ローカルディレクトリをリストアップしたり、 任意のコードの実行を引き起こしたりする可能性があります。

安定版では、alpha、amd64、arm、hppa、i386、ia64、m68k、mips、mipsel、powerpc、s390、sparc の各アーキテクチャ向けの更新が利用できます。

安定版ディストリビューション (stable、コードネーム sarge) では、これらの問題はバージョン 1.180-3sarge1 で修正されています。

Webmin は、不安定版 (sid) あるいはテスト版 (etch) には含まれていないので、これらの問題は存在しません。

webmin (1.180-3sarge1) パッケージのアップグレードをお勧めします。

修正:

Debian GNU/Linux 3.1 (stable)

ソース:
http://security.debian.org/pool/updates/main/w/webmin/webmin_1.180-3sarge1.dsc
http://security.debian.org/pool/updates/main/w/webmin/webmin_1.180.orig.tar.gz
http://security.debian.org/pool/updates/main/w/webmin/webmin_1.180-3sarge1.diff.gz
アーキテクチャ非依存コンポーネント:
http://security.debian.org/pool/updates/main/w/webmin/webmin-core_1.180-3sarge1_all.deb
http://security.debian.org/pool/updates/main/w/webmin/webmin_1.180-3sarge1_all.deb

一覧にあるファイルの MD5 チェックサムは勧告の原文にあります。