Debian セキュリティ勧告

DSA-958-1 drupal -- 複数の脆弱性

報告日時:
2006-01-27
影響を受けるパッケージ:
drupal
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
(SecurityFocus の) Bugtraq データベース: BugTraq ID 15674, BugTraq ID 15677, BugTraq ID 15663.
Mitre の CVE 辞書: CVE-2005-3973, CVE-2005-3974, CVE-2005-3975.
詳細:

セキュリティ関連の問題が複数、多機能なコンテント管理および議論エンジン drupal に発見されました。The Common Vulnerabilities and Exposures project は以下の脆弱性を認識しています:

  • CVE-2005-3973

    クロスサイトスクリプティング脆弱性が複数あり、 リモートの攻撃者に任意のウェブスクリプトや HTML 差し込みを許します。

  • CVE-2005-3974

    PHP5 で実行している場合、Drupal はユーザの権限を正しく扱っていません。 リモートの攻撃者に「ユーザのプロファイルへのアクセス」権限の迂回を許します。

  • CVE-2005-3975

    解釈の衝突により、リモートの認証済みユーザに GIF や JPEG ファイルの拡張子が付けられたファイル中の HTML を経由した任意のウェブスクリプトや HTML の差し込みを許します。

旧安定版 (old stable) ディストリビューション (woody) には drupal パッケージは含まれません。

安定版 (stable) ディストリビューション (sarge) では、この問題はバージョン 4.5.3-5 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバージョン 4.5.6-1 で修正されています。

直ちに drupal パッケージをアップグレードすることを勧めます。

修正:

Debian GNU/Linux 3.1 (sarge)

ソース:
http://security.debian.org/pool/updates/main/d/drupal/drupal_4.5.3-5.dsc
http://security.debian.org/pool/updates/main/d/drupal/drupal_4.5.3-5.diff.gz
http://security.debian.org/pool/updates/main/d/drupal/drupal_4.5.3.orig.tar.gz
アーキテクチャ非依存コンポーネント:
http://security.debian.org/pool/updates/main/d/drupal/drupal_4.5.3-5_all.deb

一覧にあるファイルの MD5 チェックサムは勧告の原文にあります。