Debian セキュリティ勧告

DSA-1403-1 phpmyadmin -- 入力のサニタイズ漏れ

報告日時:
2007-11-08
影響を受けるパッケージ:
phpmyadmin
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Mitre の CVE 辞書: CVE-2007-5589, CVE-2007-5386.
詳細:

DigiTrust Group の Omer Singer さんにより、Web ベースの MySQL 管理アプリ ケーション phpMyAdmin に複数の欠陥が発見されました。The Common Vulnerabilities a Exposures project は以下の問題を認識しています

  • CVE-2007-5589

    phpMyAdmin にクロスサイトスクリプティングを許す欠陥があり、リモートの 攻撃者が任意のウェブスクリプトや HTML をログインユーザセッションのコ ンテキスト下で挿入可能です。

  • CVE-2007-5386

    phpMyAdmin を URL エンコードを行わないブラウザでアクセスしている場合、 リモートの攻撃者がクエリ文字列を用いて任意のウェブスクリプトや HTML を挿入可能です。

旧安定版 (oldstable) ディストリビューション (sarge) では、この問題はバー ジョン 4:2.6.2-3sarge6 で修正されています。

安定版 (stable) ディストリビューション (etch) では、この問題はバージョン 4:2.9.1.1-6 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバージョ ン 4:2.11.1.2-1 で修正されています。

直ぐに phpmyadmin パッケージをアップグレードすることを勧めます。

修正:

Debian GNU/Linux 3.1 (sarge)

ソース:
http://security.debian.org/pool/updates/main/p/phpmyadmin/phpmyadmin_2.6.2-3sarge6.dsc
http://security.debian.org/pool/updates/main/p/phpmyadmin/phpmyadmin_2.6.2-3sarge6.diff.gz
http://security.debian.org/pool/updates/main/p/phpmyadmin/phpmyadmin_2.6.2.orig.tar.gz
アーキテクチャ非依存コンポーネント:
http://security.debian.org/pool/updates/main/p/phpmyadmin/phpmyadmin_2.6.2-3sarge6_all.deb

Debian GNU/Linux 4.0 (etch)

ソース:
http://security.debian.org/pool/updates/main/p/phpmyadmin/phpmyadmin_2.9.1.1-6.dsc
http://security.debian.org/pool/updates/main/p/phpmyadmin/phpmyadmin_2.9.1.1-6.diff.gz
http://security.debian.org/pool/updates/main/p/phpmyadmin/phpmyadmin_2.9.1.1.orig.tar.gz
アーキテクチャ非依存コンポーネント:
http://security.debian.org/pool/updates/main/p/phpmyadmin/phpmyadmin_2.9.1.1-6_all.deb

一覧にあるファイルの MD5 チェックサムは勧告の原文にあります。