Debian セキュリティ勧告

DSA-1758-1 nss-ldapd -- 安全でない設定ファイルの生成

報告日時:
2009-03-30
影響を受けるパッケージ:
nss-ldapd
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Debian バグ追跡システム: バグ 520476.
Mitre の CVE 辞書: CVE-2009-1073.
詳細:

Leigh James さんにより、LDAP をネームサービスとして用いる NSSモジュール nss-ldapd が、既定では設定ファイル /etc/nss-ldapd.conf を誰からでも読める 設定で作成するため、LDAP サーバに接続するのに用いる LDAP パスワードが漏洩 することが発見されました。

旧安定版 (etch) には nss-ldapd パッケージは収録されていません。

安定版 (stable) ディストリビューション (lenny) では、この問題はバージョン 0.6.7.1 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバージョ ン 0.6.8 で修正されています。

直ぐに nss-ldapd パッケージをアップグレードすることを勧めます。

修正:

Debian GNU/Linux 5.0 (lenny)

ソース:
http://security.debian.org/pool/updates/main/n/nss-ldapd/nss-ldapd_0.6.7.1.dsc
http://security.debian.org/pool/updates/main/n/nss-ldapd/nss-ldapd_0.6.7.1.tar.gz
Alpha:
http://security.debian.org/pool/updates/main/n/nss-ldapd/libnss-ldapd_0.6.7.1_alpha.deb
AMD64:
http://security.debian.org/pool/updates/main/n/nss-ldapd/libnss-ldapd_0.6.7.1_amd64.deb
ARM:
http://security.debian.org/pool/updates/main/n/nss-ldapd/libnss-ldapd_0.6.7.1_arm.deb
ARM EABI:
http://security.debian.org/pool/updates/main/n/nss-ldapd/libnss-ldapd_0.6.7.1_armel.deb
HP Precision:
http://security.debian.org/pool/updates/main/n/nss-ldapd/libnss-ldapd_0.6.7.1_hppa.deb
Intel IA-32:
http://security.debian.org/pool/updates/main/n/nss-ldapd/libnss-ldapd_0.6.7.1_i386.deb
Intel IA-64:
http://security.debian.org/pool/updates/main/n/nss-ldapd/libnss-ldapd_0.6.7.1_ia64.deb
Big-endian MIPS:
http://security.debian.org/pool/updates/main/n/nss-ldapd/libnss-ldapd_0.6.7.1_mips.deb
Little-endian MIPS:
http://security.debian.org/pool/updates/main/n/nss-ldapd/libnss-ldapd_0.6.7.1_mipsel.deb
PowerPC:
http://security.debian.org/pool/updates/main/n/nss-ldapd/libnss-ldapd_0.6.7.1_powerpc.deb
IBM S/390:
http://security.debian.org/pool/updates/main/n/nss-ldapd/libnss-ldapd_0.6.7.1_s390.deb
Sun Sparc:
http://security.debian.org/pool/updates/main/n/nss-ldapd/libnss-ldapd_0.6.7.1_sparc.deb

一覧にあるファイルの MD5 チェックサムは勧告の原文にあります。