Debian セキュリティ勧告

DSA-2323-1 radvd -- 複数の脆弱性

報告日時:
2011-10-26
影響を受けるパッケージ:
radvd
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Debian バグ追跡システム: バグ 644614.
Mitre の CVE 辞書: CVE-2011-3602, CVE-2011-3604, CVE-2011-3605.
詳細:

Vasiliy Kulikov さんにより、複数のセキュリティ欠陥が IPv6 アドパタイ ズデーモン radvd に発見されました。

  • CVE-2011-3602

    set_interface_var() 関数が、非特権ユーザから選択可能なインターフ ェース名をチェックしていません。この欠陥により、ローカルアクセス が可能な攻撃者から任意のファイルが上書き可能で、それ以外のユーザ からも一部のファイルの上書きが行えます。

  • CVE-2011-3604

    process_ra() 関数にバッファ長チェックの抜けが複数あり、スタック外 の読み出しによるデーモンのクラッシュに繋がります。

  • CVE-2011-3605

    process_rs() 関数は、ユニキャスト専用モードの場合に mdelay() (一 定時間待つための関数) を無条件に呼び出しています。この呼び出しは メインスレッドにあるため、処理中の全てのリクエストが MAX_RA_DELAY_TIME (通常 500mS) 以下の一定時間遅れます。入力キュー をルータ勧誘リクエスト (solicitation) で埋めることにより、全ての mdeley() 読み出しが終了するまで処理が止まるため、攻撃者はこの欠陥 により一時的なサービス拒否攻撃が可能です。
    注記:上流、および Debian での既定モードは anycast モードです。

旧安定版 (oldstable) ディストリビューション (lenny) では、この問題は バージョン 1:1.1-3.1 で修正されています。

安定版 (stable) ディストリビューション (squeeze) では、この問題はバー ジョン 1:1.6-1.1 で修正されています。

テスト版ディストリビューション (wheezy) では、この問題はバージョン 1:1.8-1.2 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバー ジョン 1:1.8-1.2 で修正されています。

直ぐに radvd パッケージをアップグレードすることを勧めます。