Debian セキュリティ勧告

DSA-2350-1 freetype -- 入力のサニタイズ漏れ

報告日時:
2011-11-20
影響を受けるパッケージ:
freetype
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Debian バグ追跡システム: バグ 649122.
Mitre の CVE 辞書: CVE-2011-3439.
詳細:

FreeType の CID-Keyed フォント処理に入力のサニタイズ漏れがあり、任意 のコードの実行が可能であることが発見されました。

旧安定版 (oldstable) ディストリビューション (lenny) では、この問題は バージョン 2.3.7-2+lenny8 で修正されています。

安定版 (stable) ディストリビューション (squeeze) では、この問題はバー ジョン 2.4.2-2.1+squeeze3 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバー ジョン 2.4.8-1 で修正されています。

直ぐに freetype パッケージをアップグレードすることを勧めます。