Debian セキュリティ勧告

DSA-2399-2 php5 -- 複数の脆弱性

報告日時:
2012-01-31
影響を受けるパッケージ:
php5
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Mitre の CVE 辞書: CVE-2011-1938, CVE-2011-2483, CVE-2011-4566, CVE-2011-4885, CVE-2012-0057.
詳細:

ウェブスクリプト言語 PHP に、複数の問題が発見されました。The Common Vulnerabilities and Exposures project は以下の問題を認識しています。

  • CVE-2011-1938

    UNIX ソケットの扱いの欠陥により、長いパス名を用いて攻撃者がバッファ オーバフローを引き起こすことが可能です。

  • CVE-2011-2483

    crypt_blowfish 関数は、8-bit キャラクタを適切に扱っていません。この 結果、攻撃者からのパスワードハッシュ情報を用いた平文のパスワードの推 定が容易になっています。

  • CVE-2011-4566

    32-bit プラットフォームでは、JPEG ファイル処理の際に exif 機能拡張の exif_process_IFD_TAG function 内で整数オーバフローを発生させることが 可能です。

  • CVE-2011-4885

    フォームパラメータ解析の際に、ハッシュ衝突を故意に起こすことが可能に なっており、その結果細工したパラメータを多数送ることによるリモートの 攻撃者からのサービス拒否攻撃を許します。

  • CVE-2012-0057

    細工した XSLT 変換の適用時に、攻撃者がファイルシステム内の任意の位置 にファイルを作成可能です。

注記: CVE-2011-2483 の修正では、この関数の挙動が変更されています。言い 換えると、8-bit キャラクタを含む古い (誤った) 生成ハッシュとの互換性は ありません。詳細についてはパッケージの NEWS エントリを参照ください。こ の変更は、Lenny 版の PHP には行われていません。

旧安定版 (oldstable) ディストリビューション (lenny) では、これらの問題 はバージョン 5.2.6.dfsg.1-1+lenny15 で修正されています。

安定版 (stable) ディストリビューション (squeeze) では、これらの問題は バージョン 5.3.3-7+squeeze6 で修正されています。

テスト版 (wheezy) および不安定版 (unstable) ディストリビューションでは、 これらの問題はバージョン 5.3.9-1 で修正されています。

直ぐに php5 パッケージをアップグレードすることを勧めます。