Debian セキュリティ勧告

DSA-2429-1 mysql-5.1 -- 複数の脆弱性

報告日時:
2012-03-07
影響を受けるパッケージ:
mysql-5.1
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Debian バグ追跡システム: バグ 659687.
Mitre の CVE 辞書: CVE-2011-2262, CVE-2012-0075, CVE-2012-0087, CVE-2012-0101, CVE-2012-0102, CVE-2012-0112, CVE-2012-0113, CVE-2012-0114, CVE-2012-0115, CVE-2012-0116, CVE-2012-0118, CVE-2012-0119, CVE-2012-0120, CVE-2012-0484, CVE-2012-0485, CVE-2012-0490, CVE-2012-0492.
詳細:

Oracle からセキュリティパッチの情報が公開されないため、 MySQL 5.1 の上流での更新版の採用を余儀なくされました。 既知の非互換性については、 /usr/share/doc/mysql-server/NEWS.Debian.gz に記載しています。

複数のセキュリティ欠陥がデータベース管理システム MySQL に発見されまし た。これらの欠陥は上流のバージョン 5.1.61 に MySQL を更新することによ り対処されましたが、これに伴い追加の変更、例えば性能向上やデータロス を招く欠陥の修正など、も行われています。変更の詳細は以下の MySQL リリ ースノートに記載されています。 http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/en/news-5-1-x.html

安定版 (stable) ディストリビューション (squeeze) では、これらの問題は バージョン 5.1.61-0+squeeze1 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、これらの問題は バージョン 5.1.61-2 で修正されています。

直ぐに mysql-5.1 パッケージをアップグレードすることを勧めます。