Debian セキュリティ勧告

DSA-2471-1 ffmpeg -- 複数の脆弱性

報告日時:
2012-05-13
影響を受けるパッケージ:
ffmpeg
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Mitre の CVE 辞書: CVE-2011-3892, CVE-2011-3893, CVE-2011-3895, CVE-2011-3929, CVE-2011-3936, CVE-2011-3940, CVE-2011-3947, CVE-2012-0853, CVE-2012-0947.
詳細:

マルチメディアプレーヤ、サーバ、エンコーダの FFmpeg の decoder/demuxer に、複数の問題が発見されました。影響を受けるのは、 Westwood Studios VQA, Apple MJPEG-B, Theora, Matroska, Vorbis, Sony ATRAC3, DV, NSV の各形式で、任意のコードの実行の可能性があります。

これらの問題は、Aki Helin, Mateusz Jurczyk, Gynvael Coldwind, Michael Niedermayer の各氏により発見されました。

安定版 (stable) ディストリビューション (squeeze) では、この問題はバー ジョン 4:0.5.8-1 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバー ジョン 6:0.8.2-1 の libav で修正されています。

直ぐに ffmpeg パッケージをアップグレードすることを勧めます。