Debian セキュリティ勧告

DSA-2485-1 imp4 -- クロスサイトスクリプティング

報告日時:
2012-06-03
影響を受けるパッケージ:
imp4
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Debian バグ追跡システム: バグ 659392.
Mitre の CVE 辞書: CVE-2012-0791.
詳細:

複数のクロスサイトスクリプティング攻撃を許す欠陥が、Horde フレームワ ークのウェブメールコンポーネント IMP に発見されました。これらの欠陥を 細工した様々なパラメータを用いて攻撃することにより、リモートの攻撃者 からの任意のウェブスクリプトや HTML の注入が可能です。

安定版 (stable) ディストリビューション (squeeze) では、この問題はバー ジョン 4.3.7+debian0-2.2 で修正されています。

テスト版 (wheezy) および不安定版 (unstable) ディストリビューションで は、この問題は近く修正予定です。

直ぐに imp4 パッケージをアップグレードすることを勧めます。