Debian セキュリティ勧告

DSA-2509-1 pidgin -- リモートからの任意のコード実行

報告日時:
2012-07-08
影響を受けるパッケージ:
pidgin
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Mitre の CVE 辞書: CVE-2012-3374.
詳細:

Ulf Härnhammar さんにより、マルチプロトコルインスタントメッセー ジングクライアント Pidgin にバッファオーバフローが発見されました。こ の欠陥は MXit プロトコルプラグインに受信メッセージを処理させることで 攻撃可能で、リモートの攻撃者からクラッシュを引き起こすことができ、さ らに特定の条件下で任意のコードの実行に繋がる可能性があります。

安定版 (stable) ディストリビューション (squeeze) では、この問題はバー ジョン 2.7.3-1+squeeze3 で修正されています。

テスト版ディストリビューション (wheezy) では、この問題はバージョン 2.10.4-1.1 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバー ジョン 2.10.6-1 で修正されています。

直ぐに pidgin パッケージをアップグレードすることを勧めます。