Debian セキュリティ勧告

DSA-2511-1 puppet -- 複数の脆弱性

報告日時:
2012-07-12
影響を受けるパッケージ:
puppet
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Mitre の CVE 辞書: CVE-2012-3864, CVE-2012-3865, CVE-2012-3866, CVE-2012-3867.
詳細:

複数の欠陥が集中設定管理システム Puppet に発見されました。

  • CVE-2012-3864

    認証済みのクライアントが puppet マスタ上の任意のファイルを読み取り 可能です。

  • CVE-2012-3865

    認証済みのクライアントが puppet マスタ上の任意のファイルを削除可能 です。

  • CVE-2012-3866

    最も最近の Puppet の実行結果が誰からも読める権限で格納されるため、 情報の漏洩につながります。

  • CVE-2012-3867

    エージェントホスト名が十分に検証されていません。

安定版 (stable) ディストリビューション (squeeze) では、この問題はバー ジョン 2.6.2-5+squeeze6 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバー ジョン 2.7.18-1 で修正されています。

直ぐに puppet パッケージをアップグレードすることを勧めます。