Debian セキュリティ勧告

DSA-2532-1 libapache2-mod-rpaf -- サービス拒否攻撃

報告日時:
2012-08-22
影響を受けるパッケージ:
libapache2-mod-rpaf
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Debian バグ追跡システム: バグ 683984.
詳細:

Sébastien Bocahu さんが、Apache ウェブサーバーのプロキシフォワード情報 復元モジュール※が多数のヘッダをつけて細工したたった一つのリクエストに よるサービス拒否攻撃にも脆弱であることを発見しました。

安定版 (stable) ディストリビューション (squeeze) では、この問題はバー ジョン 0.5-3+squeeze1 で修正されています。

テスト版 (wheezy) および不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバージョン 0.6-1 で修正されています。

直ぐに libapache2-mod-rpaf パッケージをアップグレードすることを勧めます。