Debian セキュリティ勧告

DSA-2552-1 tiff -- 複数の脆弱性

報告日時:
2012-09-26
影響を受けるパッケージ:
tiff
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Debian バグ追跡システム: バグ 678140.
Mitre の CVE 辞書: CVE-2010-2482, CVE-2010-2595, CVE-2010-2597, CVE-2010-2630, CVE-2010-4665, CVE-2012-2088, CVE-2012-2113, CVE-2012-3401.
詳細:

Tag Image File Format (TIFF) を支援するライブラリ一式とツール群の TIFF に 複数の脆弱性が見つかりました。これらが原因で、サービス拒否および潜在的な 特権昇格を許しています。

これらの脆弱性は特別に細工を施した TIFF 画像で悪用できます。

  • CVE-2012-2113

    tiff2pdf ユーティリティは画像を解析する際に整数桁溢れエラーを起こします。

  • CVE-2012-3401

    Huzaifa Sidhpurwala さんが、t2p_read_tiff_init() 関数にヒープ上でのバッ ファオーバフローを見つけました。

  • CVE-2010-2482

    無効な td_stripbytecount の項目が適切に扱われておらず、ヌルポインタ参照 を引き起こすことができます。

  • CVE-2010-2595

    TIFFYCbCrtoRGB 関数の中での「標本減少済の OJPEG 入力」に関係する配列添字 の間違いのせいで、不意に異常終了が起きます。

  • CVE-2010-2597

    同じく「標本減少済の OJPEG 入力」に関係して、 TIFFVStripSize 関数が不意 に異常終了します。

  • CVE-2010-2630

    TIFFReadDirectory 関数は、TIFF ファイル中でおかしな順序で配置されたコー デック固有のタグのデータ型を適切に検査していません。

  • CVE-2010-4665

    tiffdump ユーティリティは、ReadDirectory 関数の中で整数桁溢れを起こしま す。

安定版 (stable) ディストリビューション (squeeze) では、これらの問題はバー ジョン 3.9.4-5+squeeze5 で修正されています。

テスト版 (testing) ディストリビューション (wheezy) では、これらの問題はバ ージョン 4.0.2-2 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、これらの問題はバー ジョン 4.0.2-2 で修正されています。

直ぐに tiff パッケージをアップグレードすることを勧めます。