Debian セキュリティ勧告

DSA-2571-1 libproxy -- バッファオーバフロー

報告日時:
2012-11-04
影響を受けるパッケージ:
libproxy
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Mitre の CVE 辞書: CVE-2012-4505.
詳細:

レッドハットセキュリティ・レスポンス・チームが、 自動プロキシ設定管理ライブラリである libproxy が proxy.pac ファイルを提供するサーバにより送られる Content-Length ヘッダの検証を十分に行っていないことを発見しました。 こういったリモートサーバは、整数オーバフローを引き起こし、 その結果メモリ内のバッファをオーバーフローさせる可能性があります。

安定版 (stable) ディストリビューション (squeeze) では、この問題はバージョン 0.3.1-2+squeeze1 で修正されています。

テスト版 (testing) ディストリビューション (wheezy) および不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバージョン 0.3.1-5.1 で修正されています。

直ちに libproxy パッケージをアップグレードすることを勧めます。