Debian セキュリティ勧告

DSA-2645-1 inetutils -- サービス拒否

報告日時:
2013-03-14
影響を受けるパッケージ:
inetutils
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Mitre の CVE 辞書: CVE-2010-2529.
詳細:

Ovidiu Mara さんが、システムおよびネットワーク管理者に広く利用されている ping ユーティリティの脆弱性を 2010 年に報告しています。巧妙に細工した ICMP 応答により、攻撃者が ping コマンドをハングさせることが可能です。

安定版 (stable) ディストリビューション (squeeze) では、この問題はバージョン 2:1.6-3.1+squeeze2 で修正されています。

テスト版 (testing) ディストリビューション (wheezy) では、この問題はバージョン 2:1.9-2 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバージョン 2:1.9-2 で修正されています。

直ちに inetutils パッケージをアップグレードすることを勧めます。