Debian セキュリティ勧告

DSA-2702-1 telepathy-gabble -- TLS 検証の迂回

報告日時:
2013-06-03
影響を受けるパッケージ:
telepathy-gabble
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Mitre の CVE 辞書: CVE-2013-1431.
詳細:

Maksim Otstavnov さんが、Telepathy フレームワーク向け Jabber/XMPP 接続マネージャ telepathy-gabble により利用される Wocky サブモジュールが古い Jabber サーバで tls-required フラグを考慮しないことを発見しました。 この脆弱性により中間のネットワークが TLS 検証を迂回して中間者攻撃を実行できます。

旧安定版 (oldstable) ディストリビューション (squeeze) ではこの問題はバージョン 0.9.15-1+squeeze2 で修正されています。

安定版 (stable) ディストリビューション (wheezy) では、この問題はバージョン 0.16.5-1+deb7u1 で修正されています。

テスト版 (testing) ディストリビューション (jessie) 及び不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、 この問題はバージョン 0.16.6-1 で修正されています。

直ちに telepathy-gabble パッケージをアップグレードすることを勧めます。