Debian セキュリティ勧告

DSA-2732-1 chromium-browser -- 複数の脆弱性

報告日時:
2013-07-31
影響を受けるパッケージ:
chromium-browser
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Mitre の CVE 辞書: CVE-2013-2881, CVE-2013-2882, CVE-2013-2883, CVE-2013-2884, CVE-2013-2885, CVE-2013-2886.
詳細:

複数の欠陥が Chromium ウェブブラウザに発見されました。

  • CVE-2013-2881

    Karthik Bhargavan さんがフレーム処理に Same Origin Policy を迂回する方法があることを発見しました。

  • CVE-2013-2882

    Cloudfuzzer さんが V8 javascript ライブラリに型を取り違える問題を発見しました。

  • CVE-2013-2883

    Cloudfuzzer さんが MutationObserver にメモリの開放後利用の問題を発見しました。

  • CVE-2013-2884

    Google セキュリティチームの Ivan Fratric さんが DOM 実装にメモリの開放後利用の問題を発見しました。

  • CVE-2013-2885

    Google セキュリティチームの Ivan Fratric さんが入力処理にメモリの開放後利用の問題を発見しました。

  • CVE-2013-2886

    Chromium 28 開発チームが内部 fuzzing や監査その他の調査で様々な問題を発見しました。

安定版 (stable) ディストリビューション (wheezy) では、この問題はバージョン 28.0.1500.95-1~deb7u1 で修正されています。

テスト版 (testing) ディストリビューション (jessie) ではこの問題は近く修正予定です。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバージョン 28.0.1500.95-1 で修正されています。

直ちに chromium-browser パッケージをアップグレードすることを勧めます。