Debian セキュリティ勧告

DSA-2768-1 icedtea-web -- ヒープベースのバッファオーバーフロー

報告日時:
2013-10-04
影響を受けるパッケージ:
icedtea-web
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Debian バグ追跡システム: バグ 723118.
Mitre の CVE 辞書: CVE-2013-4349.
詳細:

ヒープベースのバッファオーバーフロー脆弱性が icedtea-web、Java プログラミング言語で書かれたアプレットを実行する ウェブブラウザプラグインに見つかりました。 ユーザが騙されて悪意のあるウェブサイトを開くと、 攻撃者はプラグインのクラッシュを引き起こすことが可能で、 潜在的にはそのプログラムを起動したユーザで任意のコードを実行する可能性があります。

この問題は最初は Arthur Gerkis さんにより発見され、CVE-2012-4540 が割り当てられました。修正は 1.1、1.2、1.3 ブランチには適用されましたが 1.4 ブランチには適用されていませんでした。

安定版 (stable) ディストリビューション (wheezy) では、この問題はバージョン 1.4-3~deb7u2 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバージョン 1.4-3.1 で修正されています。

直ちに icedtea-web パッケージをアップグレードすることを勧めます。