Debian セキュリティ勧告

DSA-2803-1 quagga -- 複数の脆弱性

報告日時:
2013-11-26
影響を受けるパッケージ:
quagga
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Debian バグ追跡システム: バグ 730513, バグ 726724.
Mitre の CVE 辞書: CVE-2013-2236, CVE-2013-6051.
詳細:

複数の脆弱性が Quagga、BGP/OSPF/RIP ルーティングデーモンに発見されています:

  • CVE-2013-2236

    バッファオーバーフローが OSPF API サーバに見つかりました (LSDB をエクスポートして Opaque-LSA の告知を許します)。

  • CVE-2013-6051

    BGP 更新を経由して bgpd がクラッシュする可能性があります。これは Wheezy/stable にのみ影響します。

旧安定版 (oldstable) ディストリビューション (squeeze) では、この問題はバージョン 0.99.20.1-0+squeeze5 で修正されています。

安定版 (stable) ディストリビューション (wheezy) では、この問題はバージョン 0.99.22.4-1+wheezy1 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバージョン 0.99.22.4-1 で修正されています。

直ちに quagga パッケージをアップグレードすることを勧めます。