Debian セキュリティ勧告

DSA-2812-1 samba -- 複数の脆弱性

報告日時:
2013-12-09
影響を受けるパッケージ:
samba
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Mitre の CVE 辞書: CVE-2013-4408, CVE-2013-4475.
詳細:

セキュリティ問題が2件 Samba、SMB/CIFS ファイル、印刷、ログインサーバに見つかりました:

  • CVE-2013-4408

    DCE-RPC パケットの処理にバッファオーバーフローが複数発見されました。 任意のコードの実行につながる可能性があります。

  • CVE-2013-4475

    Hemanth Thummala さんが、改変されたデータストリームを伴うファイルを開く際に ACL を確認していないことを発見しました。この問題は VFS モジュール vfs_streams_depot や vfs_streams_xattr が利用されている場合にのみ悪用可能です。

旧安定版 (oldstable) ディストリビューション (squeeze) では、この問題はバージョン 3.5.6~dfsg-3squeeze11 で修正されています。

安定版 (stable) ディストリビューション (wheezy) では、この問題はバージョン 3.6.6-6+deb7u2 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) ではこの問題は近く修正予定です。

直ちに samba パッケージをアップグレードすることを勧めます。