Debian セキュリティ勧告

DSA-2831-1 puppet -- 安全でない一時ファイル

報告日時:
2013-12-31
影響を受けるパッケージ:
puppet
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Mitre の CVE 辞書: CVE-2013-4969.
詳細:

Puppet、中央集中設定管理ツールに安全でない一時ファイルの利用が発見されています。 攻撃者がこの脆弱性を悪用して、 そのシステム上の任意のファイルを上書きすることが可能です。

旧安定版 (oldstable) ディストリビューション (squeeze) では、この問題はバージョン 2.6.2-5+squeeze9 で修正されています。

安定版 (stable) ディストリビューション (wheezy) では、この問題はバージョン 2.7.23-1~deb7u2 で修正されています。

テスト版 (testing) ディストリビューション (jessie) では、この問題はバージョン 3.4.1-1 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバージョン 3.4.1-1 で修正されています。

直ちに puppet パッケージをアップグレードすることを勧めます。