Debian セキュリティ勧告

DSA-2839-1 spice -- サービス拒否

報告日時:
2014-01-08
影響を受けるパッケージ:
spice
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Debian バグ追跡システム: バグ 717030, バグ 728314.
Mitre の CVE 辞書: CVE-2013-4130, CVE-2013-4282.
詳細:

複数の脆弱性が spice、SPICE プロトコルのクライアント及びサーバライブラリに見つかりました。The Common Vulnerabilities and Exposures project は以下の問題を認識しています:

  • CVE-2013-4130

    Red Hat の David Gibson さんが、SPICE が特定のネットワークエラーを誤って処理していることを発見しました。 SPICE サーバとして働くアプリケーションへの SPICE 接続を開始できるリモートのユーザは、 この欠陥を利用してアプリケーションをクラッシュさせることが可能です。

  • CVE-2013-4282

    Red Hat の Tomas Jamrisko さんが、SPICE が SPICE チケット中の長いパスワードを誤って処理していることを発見しました。 SPICE サーバとして働くアプリケーションへの SPICE 接続を開始できるリモートのユーザは、 この欠陥を利用してアプリケーションをクラッシュさせることが可能です。

この更新を有効にするには SPICE サーバとして働くアプリケーションを再起動する必要があります。

安定版 (stable) ディストリビューション (wheezy) では、この問題はバージョン 0.11.0-1+deb7u1 で修正されています。

テスト版 (testing) ディストリビューション (jessie) では、この問題はバージョン 0.12.4-0nocelt2 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバージョン 0.12.4-0nocelt2 で修正されています。

直ちに spice パッケージをアップグレードすることを勧めます。