Debian セキュリティ勧告

DSA-2890-1 libspring-java -- セキュリティ更新

報告日時:
2014-03-29
影響を受けるパッケージ:
libspring-java
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Debian バグ追跡システム: バグ 741604.
Mitre の CVE 辞書: CVE-2014-0054, CVE-2014-1904.
詳細:

脆弱性が2件、libspring-java、Java Spring 基盤の Debian パッケージに発見されています。

  • CVE-2014-0054

    Spring MVC の Jaxb2RootElementHttpMessageConverter が外部 XML エンティティを処理します。

  • CVE-2014-1904

    Spring フォームで action が指定されていない場合 Spring MVC にクロスサイトスクリプティング脆弱性が発生します。

安定版 (stable) ディストリビューション (wheezy) では、この問題はバージョン 3.0.6.RELEASE-6+deb7u3 で修正されています。

テスト版 (testing) ディストリビューション (jessie) 及び不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバージョン 3.0.6.RELEASE-13 で修正されています。

直ちに libspring-java パッケージをアップグレードすることを勧めます。