Debian セキュリティ勧告

DSA-2895-1 prosody -- セキュリティ更新

報告日時:
2014-04-06
影響を受けるパッケージ:
prosody
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
現時点では、その他の外部参考セキュリティデータベースはありません。
詳細:

サービス拒否の脆弱性が Prosody、XMPP サーバに報告されています。 圧縮が有効化されている場合、攻撃者が高い圧縮率で圧縮された XML 要素を XMPP ストリーム越しに送る (zip bomb として知られている攻撃) ことでサーバのリソースを全て消費します。

SAX XMLパーサ lua-expat もこの問題による影響を受けます。

安定版 (stable) ディストリビューション (wheezy) では、この問題は prosody のバージョン 0.8.2-4+deb7u1 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題は prosody のバージョン 0.9.4-1 で修正されています。

安定版 (stable) ディストリビューション (wheezy) では、この問題は lua-expat のバージョン 1.2.0-5+deb7u1 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバージョン 1.3.0-1 lua-expat で修正されています。

直ちに prosody 及び lua-expat パッケージをアップグレードすることを勧めます。