Debian セキュリティ勧告

DSA-2912-1 openjdk-6 -- セキュリティ更新

報告日時:
2014-04-24
影響を受けるパッケージ:
openjdk-6
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Mitre の CVE 辞書: CVE-2014-0429, CVE-2014-0446, CVE-2014-0451, CVE-2014-0452, CVE-2014-0453, CVE-2014-0456, CVE-2014-0457, CVE-2014-0458, CVE-2014-0459, CVE-2014-0460, CVE-2014-0461, CVE-2014-0462, CVE-2014-1876, CVE-2014-2397, CVE-2014-2398, CVE-2014-2403, CVE-2014-2405, CVE-2014-2412, CVE-2014-2414, CVE-2014-2421, CVE-2014-2423, CVE-2014-2427.
詳細:

複数の欠陥が OpenJDK、Oracle Java 基盤の実装に発見されました。 任意のコードの実行や Java sandbox の突破、情報漏洩、サービス拒否につながります。

旧安定版 (oldstable) ディストリビューション (squeeze) では、この問題は バージョン 6b31-1.13.3-1~deb6u1 で修正されています。

安定版 (stable) ディストリビューション (wheezy) では、この問題はバージョン 6b31-1.13.3-1~deb7u1 で修正されています。

テスト版 (testing) ディストリビューション (jessie) では、この問題はバージョン 6b31-1.13.3-1 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバージョン 6b31-1.13.3-1 で修正されています。

直ちに openjdk-6 パッケージをアップグレードすることを勧めます。