Debian セキュリティ勧告

DSA-2964-1 iodine -- セキュリティ更新

報告日時:
2014-06-21
影響を受けるパッケージ:
iodine
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Debian バグ追跡システム: バグ 751834.
Mitre の CVE 辞書: CVE-2014-4168.
詳細:

Oscar Reparaz さんが iodine、DNSサーバ経由で IPv4 のデータを通すツールに認証迂回の脆弱性を発見しました。 リモートの攻撃者がこの欠陥を悪用することにより残りの調整や、 ネットワークトラフィックについても受け付けるようにサーバに誘発させることが可能です。

安定版 (stable) ディストリビューション (wheezy) では、この問題はバージョン 0.6.0~rc1-12+deb7u1 で修正されています。

テスト版 (testing) ディストリビューション (jessie) では、この問題はバージョン 0.6.0~rc1-19 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバージョン 0.6.0~rc1-19 で修正されています。

直ちに iodine パッケージをアップグレードすることを勧めます。