Debian セキュリティ勧告

DSA-3019-1 procmail -- セキュリティ更新

報告日時:
2014-09-04
影響を受けるパッケージ:
procmail
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Debian バグ追跡システム: バグ 704675, バグ 760443.
Mitre の CVE 辞書: CVE-2014-3618.
詳細:

Boris pi Piwinger さんと Tavis Ormandy さんが、procmail の formail ユーティリティが特別に細工したメールヘッダを処理する際のヒープオーバーフロー脆弱性を報告しています。 リモートの攻撃者がこの欠陥を悪用して formail をクラッシュさせることが可能で、サービス拒否やデータ消失、 潜在的には任意のコードの実行につながります。

安定版 (stable) ディストリビューション (wheezy) では、この問題はバージョン 3.22-20+deb7u1 で修正されています。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) では、この問題はバージョン 3.22-22 で修正されています。

直ちに procmail パッケージをアップグレードすることを勧めます。