Debian セキュリティ勧告

DSA-3094-1 bind9 -- セキュリティ更新

報告日時:
2014-12-08
影響を受けるパッケージ:
bind9
危険性:
あり
参考セキュリティデータベース:
Mitre の CVE 辞書: CVE-2014-8500.
詳細:

DNS サーバ BIND がサービス拒否脆弱性を起こしやすいことが発見されています。

攻撃者が悪意を持って構成したゾーンやローグサーバを使わせることで、BIND 9 がドメイン名サービスの委譲を追跡するのに利用しているコードでの見落としを悪用すると、BIND は委譲を追跡しようとして無制限に問い合わせを出し続けます。

これはリソースを使い果たすことでサービス拒否 (最悪で名前サーバのプロセス終了) につながる可能性があります。

安定版 (stable) ディストリビューション (wheezy) では、この問題はバージョン 1:9.8.4.dfsg.P1-6+nmu2+deb7u3 で修正されています。

次期安定版 (stable) ディストリビューション (jessie) ではこの問題は近く修正予定です。

不安定版 (unstable) ディストリビューション (sid) ではこの問題は近く修正予定です。

直ちに bind9 パッケージをアップグレードすることを勧めます。