Product SiteDocumentation Site

15.2. 最初のパッケージのビルド

15.2.1. メタパッケージやフェイクパッケージ

フェイクパッケージとメタパッケージは似ています。両者は自分のメタデータをパッケージ取り扱いスタックに置いておくためだけに存在する抜け殻です。
The purpose of a fake package is to trick dpkg and apt into believing that some package is installed even though it is only an empty shell. This allows satisfying dependencies on a package when the corresponding software was installed outside the scope of the packaging system. Such a method works, but it should still be avoided whenever possible, since there is no guarantee that the manually installed software behaves exactly like the corresponding package would and other packages depending on it would not work properly.
逆に、メタパッケージはメタパッケージをインストールするだけで一連の他のパッケージをインストールすることが可能になる依存関係の集合体として使われます。
フェイクパッケージとメタパッケージは equivs-controlequivs-build コマンド (equivs パッケージに含まれます) を使って作成されます。equivs-control file コマンドは Debian パッケージヘッダファイルを作成します。Debian パッケージヘッダファイルには、パッケージの名前、バージョン番号、メンテナ、依存関係、説明を含めるように編集します。デフォルト値を持たない他のフィールドは任意で、削除することも可能です。CopyrightChangelogReadmeExtra-Files フィールドは Debian パッケージの標準的なフィールドではありません。さらに、これらのフィールドは equivs-build を使う限りにおいて意味を持つものであり、生成されるパッケージのヘッダから削除されます。

例 15.2 libxml-libxml-perl フェイクパッケージのヘッダファイル

Section: perl
Priority: optional
Standards-Version: 4.4.1

Package: libxml-libxml-perl
Version: 2.0134-1
Maintainer: Raphael Hertzog <hertzog@debian.org>
Depends: libxml2 (>= 2.7.4)
Architecture: all
Description: Fake package - module manually installed in site_perl
 This is a fake package to let the packaging system
 believe that this Debian package is installed.
 .
 In fact, the package is not installed since a newer version
 of the module has been manually compiled & installed in the
 site_perl directory.
次のステップでは、equivs-build file コマンドを使って Debian パッケージを生成します。さぁこれでパッケージは現在のディレクトリに作成され、他の Debian パッケージと同様に取り扱うことが可能になります。

15.2.2. 単純なファイルアーカイブ

Falcot Corp の管理者は大量のマシン上に一連の文書を配備することを簡単に行うために Debian パッケージを作成する必要があります。この作業を担当している管理者は最初に「新メンテナーガイド」を読み、その後最初のパッケージに対する作業に着手します。
最初に、対象のソースパッケージを含める falcot-data-1.0 ディレクトリを作成します。こうしておけば、パッケージは必然的に falcot-data と名付けられ、バージョン番号は 1.0 になります。その後、管理者は文書ファイルを data サブディレクトリに置きます。その後、管理者は dh_make コマンド (dh-make パッケージに含まれます) を実行し、パッケージ生成作業に必要なファイルを追加します。ここで追加されるファイルは debian サブディレクトリに保存されます。
$ cd falcot-data-1.0
$ dh_make --native

Type of package: (single, indep, library, python)
[s/i/l/p]? i

Maintainer Name     : Raphael Hertzog
Email-Address       : hertzog@debian.org
Date                : Fri, 04 Sep 2015 12:09:39 -0400
Package Name        : falcot-data
Version             : 1.0
License             : gpl3
Package Type        : indep
Are the details correct? [Y/n/q]
Currently there is not top level Makefile. This may require additional tuning
Done. Please edit the files in the debian/ subdirectory now.

$
The selected type of package (indep) indicates that this source package will generate a single binary package that can be shared across all architectures (Architecture: all). single acts as a counterpart, and leads to a single binary package that is dependent on the target architecture (Architecture: any). In this case, the former choice is more relevant since the package only contains documents and no binary programs, so it can be used similarly on computers of all architectures.
The library type corresponds to a source package leading to several binary packages. It is useful for shared libraries, since they need to follow strict packaging rules.
dh_make コマンドによって debian サブディレクトリと各種ファイルが作成されました。特に rulescontrolchangelogcopyright などの一部のファイルは必須です。.ex 拡張子を持つファイルは例ファイルで、必要ならばこれらのファイルをひな形として (拡張子を削除して) 使うことが可能です。必要なければ例ファイルを削除することを推奨します。compat ファイルはそのままにしておくべきです。なぜなら、compat ファイルはパッケージビルド作業のさまざまな段階で使われる debhelper プログラムスイート (dh_ から始まるプログラム群) を適切に動作させるために必要だからです。
The copyright file must contain information about the authors of the documents included in the package, and the related license. In our case, these are internal documents and their use is restricted to within the Falcot Corp company. The default changelog file is generally appropriate; replacing the “Initial release” with a more verbose explanation and changing the distribution from unstable to internal is enough. The control file was also updated: the Section field has been changed to misc and the Homepage, Vcs-Git and Vcs-Browser fields were removed. The Depends fields was completed with firefox-esr | www-browser so as to ensure the availability of a web browser able to display the documents in the package.

例 15.3 control ファイル

Source: falcot-data
Section: misc
Priority: optional
Maintainer: Raphael Hertzog <hertzog@debian.org>
Build-Depends: debhelper (>= 10)
Standards-Version: 4.4.1

Package: falcot-data
Architecture: all
Depends: firefox-esr | www-browser, ${misc:Depends}
Description: Internal Falcot Corp Documentation
 This package provides several documents describing the internal
 structure at Falcot Corp.  This includes:
  - organization diagram
  - contacts for each department.
 .
 These documents MUST NOT leave the company.
 Their use is INTERNAL ONLY.

例 15.4 changelog ファイル

falcot-data (1.0) internal; urgency=low

  * Initial Release.
  * Let's start with few documents:
    - internal company structure;
    - contacts for each department.

 -- Raphael Hertzog <hertzog@debian.org>  Sat, 05 Sep 2015 01:09:39 +0900

例 15.5 copyright ファイル

Format: https://www.debian.org/doc/packaging-manuals/copyright-format/1.0/
Upstream-Name: falcot-data

Files: *
Copyright: 2004-2019 Falcot Corp
License:
 All rights reserved.
rules ファイルには、(生成されるバイナリパッケージにちなんで名付けられた) 専用のサブディレクトリ内で対象のソフトウェアを設定、ビルド、インストールするために使われる一連の規則が定義されています。このサブディレクトリの内容はあたかもサブディレクトリがファイルシステムのルートであるかのように Debian パッケージの中に保存されます。今回の場合、ファイルは debian/falcot-data/usr/share/falcot-data/ サブディレクトリにインストールされます。こうすることで、生成されたパッケージをインストールするとファイルが /usr/share/falcot-data/ の下に配備されます。rules ファイルはいくつかの標準的なターゲットが定義されている Makefile として使われます (定義済みターゲットの cleanbinary はそれぞれソースディレクトリを削除する場合とバイナリパッケージを生成する場合に使います)。
rules ファイルはビルド作業の核心で、debhelper ツールによって提供される標準的なコマンド群を実行するために必要な最低限の要素だけを含みます。rules ファイルが面倒を見るのは dh_make によって生成されたファイルだけです。自分のファイルをインストールするためには、以下の debian/falcot-data.install ファイルを作成して、dh_install コマンドの挙動を単純に設定します。
data/* usr/share/falcot-data/
At this point, the package can be created. We will, however, add a lick of paint. Since the administrators want the documents to be easily accessed from the menus of graphical desktop environments, we add a falcot-data.desktop file and get it installed in /usr/share/applications by adding a second line to debian/falcot-data.install.

例 15.6 falcot-data.desktop ファイル

[Desktop Entry]
Name=Internal Falcot Corp Documentation
Comment=Starts a browser to read the documentation
Exec=x-www-browser /usr/share/falcot-data/index.html
Terminal=false
Type=Application
Categories=Documentation;
編集後の debian/falcot-data.install は以下のようになります。
data/* usr/share/falcot-data/
falcot-data.desktop usr/share/applications/
Our source package is now ready. All that is left to do is to generate the binary package, with the same method we used previously for rebuilding packages: we run the dpkg-buildpackage -us -uc command from within the falcot-data-1.0 directory.