Product SiteDocumentation Site

10.6. IPv6

IPv6 は IPv4 の後継で、IP プロトコルの新しいバージョンで、IPv4 の欠点 (中でも注目すべきは利用できる IP アドレスの枯渇) を解決するために設計されました。IPv6 はネットワーク層で動きます。そして IPv6 の目的はマシンをアドレス指定する方法を提供すること、目標の宛先にデータを伝達すること、必要ならばデータの断片化を取り扱うことです (言い換えれば、経路で使われるネットワークリンクに従ってパケットをあるサイズのチャンクに分割し、到着した時に適切な順番にチャンクを再構築することです)。
Debian カーネルは IPv6 をコアカーネルでサポートします (ipv6 という名前でコンパイルされたモジュールを使って IPv6 をサポートする一部のアーキテクチャを除きます)。pingtraceroute などの基本ツールには IPv6 用の ping6traceroute6 などの代替品があり、これらはそれぞれ iputils-pingiputils-tracepath パッケージに含まれます。
IPv6 ネットワークは IPv4 と同様に /etc/network/interfaces で設定します。しかし、ネットワークをグローバルに利用できるようにしたい場合、グローバル IPv6 ネットワークへのトラフィックを中継するための IPv6 を取り扱うことができるルータを持っていなければいけません。

例 10.10 IPv6 設定の例

iface eth0 inet6 static
    address 2001:db8:1234:5::1:1/64
    # Disabling auto-configuration
    # autoconf 0
    # The router is auto-configured and has no fixed address
    # (accept_ra 1). If it had:
    # gateway 2001:db8:1234:5::1
IPv6 サブネットのネットマスクは通常 64 ビットです。これは、サブネットの中に 264 個の異なるアドレスが存在することを意味します。この特徴のおかげで、インターフェースの MAC アドレスに基づいたアドレスを選ぶステートレスアドレス自動設定 (SLAAC) を使うことが可能です。ネットワークで SLAAC が有効化されコンピュータで IPv6 が有効化された場合、デフォルトでカーネルは自動的に IPv6 ルータを探してネットワークインターフェースを設定します。
SLAAC の挙動はプライバシーを推測される危険性をはらんでいます。たとえばラップトップでネットワークを頻繁に切り替える場合、公開 IPv6 アドレスの一部に MAC アドレスを含めたくないかもしれません。SLAAC のせいで、異なるネットワーク上の同じデバイスを容易に識別できるようになります。この問題に対する解決策が IPv6 プライバシー拡張です (初回インストール時に IPv6 接続が検出された場合、Debian は IPv6 プライバシー拡張をデフォルトで有効化します)。IPv6 プライバシー拡張を使うとインターフェースにランダムに生成されたアドレスを割り当て、定期的にこれを変更し、外部に出る接続にはこのアドレスを使うようになります。外部から入ってくる接続は SLAAC で生成されたアドレスを使うことも可能です。以下の例では /etc/network/interfaces の中で IPv6 プライバシー拡張を有効化しています。

例 10.11 IPv6 プライバシー拡張

iface eth0 inet6 auto
    # 外部へ接続する際にランダムに割り当てられたアドレスを使います。
    privext 2
IPv6 connections can be restricted, in the same fashion as for IPv4. nft can be used to create firewall rules for IPv4 and IPv6 (see 第 14.2.3 節「Syntax of nft).

10.6.1. トンネル

If a native IPv6 connection is not available, the fallback method is to use a tunnel over IPv4. Hurricane Electric is one (free) provider of such tunnels:
To use a Hurricane Electric tunnel, you need to register an account, login, select a free tunnel and edit the file /etc/network/interfaces with the generated code.
You can install and configure the radvd daemon (from the similarly-named package) if you want to use the configured computer as a router for a local network. This IPv6 configuration daemon has a role similar to dhcpd in the IPv4 world.
The /etc/radvd.conf configuration file must then be created (see /usr/share/doc/radvd/examples/simple-radvd.conf as a starting point). In our case, the only required change is the prefix, which needs to be replaced with the one provided by Hurricane Electric; it can be found in the output of the ip a command, in the block concerning the he-ipv6 interface.
Then run systemctl start radvd. The IPv6 network should now work.