Product SiteDocumentation Site

付録 B 簡単な補習講座

本書は主として管理者と「パワーユーザ」を対象にしているとは言うものの、やる気のある初心者を仲間はずれにしたくはありません。そのため、この付録は Unix コンピュータを取り扱う際に求められる基礎的な概念を説明する集中講座になるでしょう。

B.1. シェルと基本コマンド

Unix 世界では、管理者全員が遅かれ早かれコマンドラインを使わなければいけません。たとえば、システムが正常な起動に失敗して、コマンドラインのレスキューモードだけが提供される場合です。それゆえ、このような状況下ではコマンドラインインターフェースを取り扱う技術を身に付けているということが基本的なサバイバル技術です。
この節では、コマンドを簡単に見ていきます。ここで挙げたコマンドには多くのオプションが用意されていますが、ここでは説明しませんので、各コマンドに対応するマニュアルページに書かれているたくさんの文書を参照してください。

B.1.1. ディレクトリツリーの閲覧とファイル管理

セッションが開始されたら、pwd コマンドでファイルシステム上の現在の場所を表示することが可能です (pwdprint working directory の略語です)。現在のディレクトリを変更するには、cd directory コマンドを使います (cdchange directory の略語です)。親ディレクトリは常に .. (ドット 2 つ) で表します。これに対して、現在のディレクトリは . (ドット 1 つ) で表します。ls コマンドは指定したディレクトリの内容を listing (表示) します。パラメータを与えなかった場合、ls コマンドは現在のディレクトリの内容を表示します。
$ pwd
/home/rhertzog
$ cd デスクトップ
$ pwd
/home/rhertzog/デスクトップ
$ cd .
$ pwd
/home/rhertzog/デスクトップ
$ cd ..
$ pwd
/home/rhertzog
$ ls
ダウンロード  デスクトップ  ビデオ  画像
テンプレート  ドキュメント  音楽    公開
新しいディレクトリを作成するには mkdir directory を使い、既存の (空) ディレクトリを削除するには rmdir directory を使います。mv コマンドを使うことでファイルとディレクトリの moving (移動) および名前変更が可能です。一方で、ファイルを removing (削除) するには rm file を実行します。
$ mkdir test
$ ls
test          テンプレート  ドキュメント  音楽  公開
ダウンロード  デスクトップ  ビデオ        画像
$ mv test new
$ ls
new           テンプレート  ドキュメント  音楽  公開
ダウンロード  デスクトップ  ビデオ        画像
$ rmdir new
$ ls
ダウンロード  デスクトップ  ビデオ  画像
テンプレート  ドキュメント  音楽    公開

B.1.2. テキストファイルの表示と編集

cat file コマンド (ファイルを標準出力デバイスに concatenate (連結) する) はファイルを読み込んで内容を端末に表示します。ファイルが一画面に表示するには大きすぎる場合、less (および more) などのページャーを使い、ページごとに内容を表示します。
editor コマンドを使えばテキストエディタ (vinano など) が起動し、テキストファイルの作成や編集や読み込みを行うことが可能です。単純なファイルならば、リダイレクト機能を使ってコマンドインタプリタから作ることも可能です。たとえば echo "text" >file は「text」という内容で file と名付けられたファイルを作成します。echo "moretext" >>file などのコマンドを使えば、ファイルの最後に行を追加することも可能です。この例で示した >> に注意してください。

B.1.3. ファイルとファイル内容の検索

find directory criteria コマンドは directory の下にあるファイルから criteria という条件に一致するものを探します。最もよく使われる条件は -name name です。すなわちこれは名前を基にしてファイルを探すという条件です。
grep expression files コマンドは files で指定したファイルの内容を検索して、expression で指定した正規表現 (補注BACK TO BASICS 正規表現」を参照してください) に一致する行を抽出します。-r オプションを追加すれば、パラメータとして指定されたディレクトリに含まれるすべてのファイルに対して再帰的に検索することが可能です。-r オプションを使うことで、内容の一部を元にファイルを探すことが可能です。

B.1.4. プロセス管理

ps aux コマンドは現在実行中のプロセスをリストし、プロセスの pid (プロセス ID) を表示することでプロセスを識別する手助けになります。プロセスの pid がわかったら、kill -signal pid コマンドを使ってプロセスにシグナルを送信することが可能です (シグナルを送信するユーザ自身が対象のプロセスの所有者である場合に限ります)。シグナルにはさまざまな種類があります。しかし、最もよく使われるのが TERM (処理の終了を丁寧に依頼する) と KILL (強制的に終了する) です。
コマンドの最後に「&」を付けた場合、コマンドインタプリタはバックグラウンドでプログラムを実行します。アンパサンドを使うことで、ユーザは、コマンドがまだ実行中であっても、すぐにシェルの制御を再開することが可能です (ここで実行したコマンドはユーザから見えなくなり、バックグラウンドプロセスになります)。jobs コマンドはバックグラウンドで実行中のプロセスをリストします。さらに fg %job-number (foreground の略語) は指定したジョブをフォアグラウンドに復活させます。コマンドがフォアグラウンドで実行されている場合 (通常通り開始した場合や fg でフォアグラウンドに復活した場合)、Control+Z キーの組み合わせでフォアグラウンドプロセスを一時停止してコマンドラインの制御を再開することが可能です。プロセスをバックグラウンドで再開するには、bg %job-number (background の略語) を使います。

B.1.5. システム情報、メモリ、ディスク領域、識別情報

free コマンドはメモリに関する情報を表示します。一方、df (disk free) はファイルシステムにマウントされた各ディスクの利用できるディスク領域を報告します。-h オプション (human readable の意味) はサイズをわかりやすい単位 (通常メガバイトやギガバイト) で変換します。同様に、free コマンドは -m-g オプションをサポートしており、データはそれぞれメガバイトとギガバイト単位のどちらか一方で表示されます。
$ free
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:       16279260     5910248      523432      871036     9845580     9128964
Swap:      16601084      240640    16360444
$ df
Filesystem                1K-blocks      Used Available Use% Mounted on
udev                        8108516         0   8108516   0% /dev
tmpfs                       1627928    161800   1466128  10% /run
/dev/mapper/vg_main-root  466644576 451332520  12919912  98% /
tmpfs                       8139628    146796   7992832   2% /dev/shm
tmpfs                          5120         4      5116   1% /run/lock
tmpfs                       8139628         0   8139628   0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda1                    523248      1676    521572   1% /boot/efi
tmpfs                       1627924        88   1627836   1% /run/user/1000
id コマンドはセッションを実行しているユーザのユーザ名をユーザが所属するグループのリストと一緒に表示します。一部のファイルやデバイスへのアクセスはグループメンバーだけに制限されているかもしれませんので、ユーザの所属するグループを確認することが役に立つ場合があります。
$ id
uid=1000(rhertzog) gid=1000(rhertzog) groups=1000(rhertzog),24(cdrom),25(floppy),27(sudo),29(audio),30(dip),44(video),46(plugdev),108(netdev),109(bluetooth),115(scanner)