第8章 国際化と翻訳

目次

8.1. どの様にして Debian では翻訳が取り扱われているか
8.2. メンテナへの I18N & L10N FAQ
8.2.1. 翻訳された文章を得るには
8.2.2. どの様にして提供された翻訳をレビューするか
8.2.3. どの様にして翻訳してもらった文章を更新するか
8.2.4. どの様にして翻訳関連のバグ報告を取り扱うか
8.3. 翻訳者への I18N & L10N FAQ
8.3.1. どの様にして翻訳作業を支援するか
8.3.2. どの様にして提供した翻訳をパッケージに含めてもらうか
8.4. l10n に関する現状でのベストプラクティス

Debian がサポートしている自然言語の数は未だ増え続けています。あなたが英語圏のネイティブスピーカーで他の言語を話さないとしても、国際化の問題について注意を払うことはメンテナとしてのあなたの責務です (internationalization の 'i' と 'n' の間に 18 文字があるので i18n と略されます)。つまり、あなたが英語のみのプログラムを扱っていて問題がない場合であっても、この章の大部分を読んでおく必要があるということです。

According to Introduction to i18n from Tomohiro KUBOTA, I18N (internationalization) means modification of software or related technologies so that software can potentially handle multiple languages, customs, and so on in the world, while L10N (localization) means implementation of a specific language for already-internationalized software.

l10n と i18n は関連していますが、それぞれ関連する難しさについては違います。プログラムをユーザの設定に応じて表示されるテキストの言語を変更するようにするのはあまり難しくはありませんが、実際にメッセージを翻訳するのはとても時間がかかります。一方、文字のエンコード設定は些細な事ですが、複数の文字エンコードを扱えるようなコードにするのはとても難しい問題です。

i18n の問題を横においたとしても、一般的なガイドラインは与えられておらず、移植作業用の buildd のメカニズムと比較できるような、Debian での l10n 用の中心となるインフラは実際のところ存在していません。そのため、多くの作業は手動で行わねばなりません。

パッケージに含まれている文章の翻訳の取り扱いは未だ手動であり、作業のやり方は翻訳を表示させたい文の種類に因ります。

For program messages, the gettext infrastructure is used most of the time. Most of the time, the translation is handled upstream within projects like the Free Translation Project, the GNOME Translation Project or the KDE Localization project. The only centralized resources within Debian are the Central Debian translation statistics, where you can find some statistics about the translation files found in the actual packages, but no real infrastructure to ease the translation process.

パッケージ説明文の翻訳作業はかなり昔に始まりました―実際にそれを使うツールがほんの少ししか機能を提供していなかったとしても (つまり、APT だけが設定を正確に行ったときのみ利用できたのです)。メンテナはパッケージの説明文をサポートするのに何も特別なことをする必要はありません。翻訳者は Debian Description Translation Project (DDTP) を使う必要があります。

debconf テンプレートについては、メンテナは翻訳者の作業を容易にするため po-debconf パッケージを使う必要があります。翻訳者は作業に DDTP を使うことが出来ます (フランスチームとブラジルチームは使っていませんが)。DDTP のサイト (実際に何が翻訳されているか) と Debian の翻訳に関する統計 サイト (パッケージに何が含まれているか) の双方で統計情報を得ることが出来ます。

ウェブページについては、それぞれの l10n チームが対応する VCS にアクセスし、Debian の翻訳に関する統計サイトから統計情報が取得できます。

Debian についての一般的なドキュメントは、作業は多少の差はあれウェブページと同じです (翻訳者は VCS にアクセスします)。ですが、統計情報のページはありません。

パッケージ固有のドキュメント (man ページ、info ドキュメントその他) は、ほとんどすべてが手付かずです。

特記しておくこととして、KDE プロジェクトはドキュメントの翻訳をプログラムのメッセージと同じやり方で取り扱っています。

これはメンテナが i18n や l10n を考えるのにあたって直面するであろう問題の一覧です。読み進める間、Debian でこれらの点について実際のコンセンサスは得られていないことを念頭においてください。これは単にアドバイスです。出てきた問題についてもっと良い考えがある、あるいはいくかの点で賛同できないという場合は、連絡をして頂いて構いません。そのことによって、この文章の質をさらに高めることができます。

これを読み進める間、Debian においてこれらの点に関する一般的な手続きは存在していないこと、そしていかなる場合でもチームやパッケージメンテナと協調して作業する必要があることを念頭においてください。

  • メンテナとしては、翻訳については関連の l10n メーリングリストに尋ねること無くどの様な方法であれいじらないこと (レイアウトを変えることでさえしないこと) です。もしいじってしまうと、例えばファイルのエンコーディングを破壊する危険があります。さらに、あなたが間違いだと思っていることがその言語では正解である (または必要ですらある) ことがあり得ます。

  • 翻訳者としては、元の文章に間違いを見つけた場合は必ず報告することです。翻訳者はしばしばその文章の最も注意深い読者であり、翻訳者が見つけた間違いを報告しないのならば誰も報告しないでしょう。

  • いずれの場合でも、l10n に関する最も大きな問題は複数人の協調であり、誤解から小さな問題でフレームウォーを起こすのはとても簡単だということです。ですから、もし、あなたの話し相手と問題が起こっている場合は、関連する l10n メーリングリストや debian-i18n メーリングリスト、さらにあるいは debian-devel メーリングリストに助けを求めてください (ですが、ご注意を。l10n 関連の議論は debian-devel では頻繁にフレームウォーになります :)

  • 何にせよ、協調は互いを尊敬しあうことによってのみ成し得ます。