4.3. USB メモリでの起動用ファイルの準備

USB メモリの準備をするには、GNU/Linux が既に動いていて、USB をサポートしているシステムを使うことをお勧めします。現在の GNU/Linux では、USB メモリを挿すと自動的に認識するでしょう。そうならない場合は、usb-storage カーネルモジュールをロードしているかを確認してください。USB メモリを挿すと、/dev/sdX (X は a〜zの範囲の文字) というデバイスにマッピングされます。どのデバイスが USB メモリかは、挿した後で dmesg コマンドを実行すると見られます。USB メモリに書き込むには、ライトプロテクトスイッチを切る必要があります。

[警告] 警告

この方法を使うとデバイス上の既存の物は破壊されてしまいます! USB メモリの正しいデバイス名を必ず確認して使用してください。間違ったデバイス名を使用すると、例えばハードディスク内のすべてのデータを失うといったことが起こります。

4.3.1. ハイブリッド CD/DVD イメージを使った USB メモリの準備

Debian のインストールイメージは直接書き込めるようになり、起動可能な USB メモリを作るのがとても簡単になりました。USB メモリに合うイメージ (netinst や CD、DVD-1、netboot 等) を選んでください。インストールイメージの取得については 「公式 Debian GNU/Linux インストールイメージ」 を参照してください。

別の方法として、とても小さな、サイズが数メガしかない USB メモリ用に、netboot ディレクトリから mini.iso をダウンロードできます (場所については 「どこでインストールファイルを探すか」 に記載があります)。

選択したインストールイメージは、既存の内容を上書きして、直接 USB メモリに書き込む必要があります。例えば、既存の GNU/Linux システムを使っている場合、以下のようにしてイメージファイルを USB メモリに書き込めます。完了したら、確実にアンマウントしてください。

# cp debian.iso /dev/sdX
# sync

他のオペレーティングシステムでのやり方については、Debian CD FAQ で確認できます。

[重要] 重要

イメージはパーティションではなくディスクデバイス全体を指定する必要があります。例えば /dev/sdb1 ではなく /dev/sdb となります。イメージの書き換える unetbootin のようなツールは使わないでください。

[重要] 重要

ほとんどのユーザは、インストールイメージを単にUSBメモリに書き込むだけでうまく行くでしょう。下記の選択肢はもっと複雑なので、主に特殊なニーズがあるユーザ向けです。

USB メモリに配置したハイブリッドイメージは、ストレージの領域すべてを専有するわけではありません。そのため、ファームウェアファイルやパッケージ、その他選んだファイルを保持するために、空き領域を使用するのを、検討する価値があるかもしれません。あなたが、ひとつしか USB メモリを持っていないか、ひとつのデバイスにすべて格納する必要があるときに便利です。

USB メモリに ふたつ目の FAT パーティションを作成し、パーティションをマウントしてから、ファームウェアのコピーや展開をそこに行います。以下に例を示します。

# mount /dev/sdX2 /mnt
# cd /mnt
# tar zxvf /path/to/firmware.tar.gz
# cd /
# umount /mnt

もしかすると、USB スティックに mini.iso を書き込んだかもしれません。この場合、ふたつ目のパーティションを作成する必要はなく、都合のいいことに、すでに作成済みでしょう。USB メモリを挿し直すと、ふたつのパーティションが見えるはずです。