C.5. Debian のパーティション分割プログラム

いろいろな種類のパーティション分割ツールが Debian 開発者によって組み込まれ、 様々な形式のハードディスクやコンピュータアーキテクチャで 動作するようになっています。 以下に、それらのアーキテクチャで使えるプログラムのリストを示します。

partman

Debian 推奨のパーティション分割ツールです。このアーミーナイフは、 パーティションサイズを変更したり、ファイルシステムを作成 したり、マウントポイントを指定したりすることもできます。

fdisk

上級魔術師用の、Linux オリジナルのディスクパーティション作成プログラムです。

すでにコンピュータに FreeBSD のパーティションが存在する場合は注意が必要です。 インストール用のカーネルはこのパーティションをサポートしていますが、 fdisk の表示方法では名前が異なります (そもそも表示されないかもしれません)。 Linux+FreeBSD HOWTO をご覧になってください。

cfdisk

一般ユーザのための、操作の容易なフルスクリーン表示ディスクパーティション 作成プログラムです。

cfdisk は FreeBSD パーティションを全く理解しません。 したがって、こちらでもデバイス名が変わってしまうかもしれません。

ディスクのパーティショニング (あるいは同様のもの) を選択すると、上記のプログラムの中のひとつがデフォルトで実行されます。 VT2 のコマンドラインから、異なるパーティション分割ツールを使うこともできますが お勧めしません。

C.5.1. Alpha でのパーティション分割

SRM コンソール (etch でサポートされる唯一のディスク起動方法) から Debian を起動するには、ブートディスクに DOS パーティションテーブルではなく、 BSD ディスクラベルがある必要があります。(SRM ブートブロックと MS-DOS パーティションテーブルとに互換性がないことにご注意を。 項5.1.1. 「Alpha コンソールファームウェア」 をご覧ください。) その結果、alpha 上で動作させる場合、partman は BSD ディスクラベルを作成します。 しかし、すでにディスク上に DOS パーティションテーブルがある場合、 partman がディスクラベルを使用するためにパーティションを変換する前に、 既存のパーティションを削除する必要があります。

ディスクを分割するのに fdisk を使用することに決めていて、 分割するよう選択したディスクにまだ BSD ディスクラベルがなければ、 「b」 コマンドを使ってディスクラベルモードに入ってください。

Tru64 Unix やフリーな 4.4BSD-Lite 派生オペレーティングシステム (FreeBSD, OpenBSD, NetBSD) からパーティションを作成したディスクを使いたくない場合、 aboot で起動できるようにするために使用されるツールでディスクに互換性が なくなってしまうので、「ディスク全体」 をひとつの (つまり 開始セクタと終了セクタがディスク全体に及ぶような) パーティションとして、 第 3 パーティションを 作成すべきではありません。 これは、Debian のブートディスクとして使用するようにインストーラによって 構成されたディスクが、前述のオペレーティングシステムにはアクセスできない ということを意味します。

また、aboot はディスクの最初の数セクタ (今のところ 70KB、つまり 150 セクタ必要になります) に書き込まれるため、 ディスクの先頭部分に充分な空きスペースを残しておかなければなりません。 以前は、ディスクの最初に小さなパーティションを作成し、 フォーマットしないでおくことが勧められていました。 同じ理由から、GNU/Linux のみで使うディスク上には この処置を行わないことをお勧めします。 partman を使用する時、便宜上の理由から今までどおり aboot のために小さなパーティションが作成されます。