2.2. インストールに利用できるメディア

本節は、Debian をインストールするのに、 どのメディアを使用するかを決める助けとなるでしょう。 例えば、マシンにフロッピーディスクドライブがあれば、 Debian をインストールするのに使用することができます。 各メディアに対して利点と欠点を挙げた、 章全体をメディアに費やした章 (章 4. システムインストールメディアの入手) があります。 その章から、このページをもう一度参照するかもしれません。

2.2.1. CD-ROM/DVD-ROM

注意

このマニュアルで 「CD-ROM」 と記述してある場合は、 オペレーティングシステムから見て等価なので、 CD-ROM・DVD-ROM と見なしてください。 (SCSI でも IDE/ATAPI でもないような、非常に古く非標準な CD-ROM ドライブを除く)

いくつかのアーキテクチャでは CD-ROM ベースのインストールをサポートしています。 起動可能な CD-ROM をサポートしたマシンでは、 フロッピーを必要としない 完全なインストールが可能です。 CD-ROM からの起動ができないシステムでは、 そのほかのテクニックを組み合わせれば インストールに CD-ROM を使えます。 章 5. インストールシステムの起動 を参照して一度他の方法で起動してください。

コントローラが SRM コンソールでサポートされている限り、 SCSI・IDE/ATAPI の CD-ROM はともに Alpha でサポートされています。 これにより多くのアドオンコントローラーカードが使えなくなりますが、 メーカーが提供している統合 IDE・SCSI チップやコントローラカードが、 動作すると予想できます。 デバイスが SRM コンソールでサポートされているかを知るには、 SRM HOWTO をご覧ください。

2.2.2. ハードディスク

ハードディスクからインストールシステムを直接ブートするのは、 多くのアーキテクチャで使える方法です。 これは他の OS に、 ハードディスク上にあるインストーラをロードするよう要求します。

2.2.3. ネットワーク

インストールに必要なファイルをインストール中に取得するのに、 ネットワークを使用できます。 ネットワークを使用するかどうかは、あなたが選択したインストール方法と、 インストール中の質問への答に依存します。 インストールシステムは、ネットワークへのほとんどの接続法 (PPPoE を含む。 ISDN や PPP は不可) 上での、HTTP と FTP のどちらともサポートしています。 インストール完了後に、ISDN や PPP を使用するようにシステムの設定ができます。

また、インストールシステムを、 ネットワーク越しに起動することもできます。

ネットワーク越しに起動を行い、 すべてのローカルファイルシステムを NFS でマウントして、 ディスクレスインストールをすることも一つの選択です。

2.2.4. Un*x・GNU システム

他の Unix ライクシステムが稼働していれば、本マニュアルの残りで説明している debian-installer を使用しないで、 Debian GNU/Linux をインストールできます。 このインストール方法なら、他の方法ではサポートしないハードウェアや、 ダウンタイムを用意できないユーザにとって便利です。 この方法に興味があれば、項D.3. 「Unix/Linux システムからの Debian GNU/Linux のインストール」 へ スキップしてください。

2.2.5. サポートする記憶装置

Debian の起動ディスクには、様々なシステムに最大限対応したカーネルが 収められています。そのため残念ながら、まったく使われることのないたくさんの ドライバがカーネルを肥大化させています (再構築の仕方は 項8.6. 「新しいカーネルのコンパイル」 をご覧ください)。 しかし、様々なハードウェアへ確実に Debian をインストールするには できるだけ幅広いデバイスをサポートするのが望ましいでしょう。

Linux カーネルでサポートしている外部記憶装置は、 すべてこの起動システムでもサポートしています。 これには SCSI ディスクや IDE ディスクも含まれています。 しかし多くの機種において、SRM コンソールが IDE ドライブから起動できないことや、 Jensen がフロッピーから起動できないことにご注意ください。 (Jensen の起動に関するより詳しい情報については http://www.alphalinux.org/faq/FAQ-9.html をご覧ください)