6.1. インストーラの動作

Debian Installer は各インストールタスクを実行するために、 たくさんの特定用途コンポーネントから成ります。 各コンポーネントは、必要ならユーザに質問をして、そのタスクを実行します。 この質問には優先度が設定されており、 この優先度はインストーラの起動時に設定することができます。

デフォルトのインストールでは、不可欠な (優先度が高い) 質問しかしません。 これにより、ユーザの入力をほとんど行わず、 高度な自動インストールを行うことができます。 コンポーネントは自動的に順番に実行されます。 どのコンポーネントを実行するかは、 主に使用するインストール法やハードウェアに左右されます。 インストーラは、質問しない項目についてはデフォルト値を使用します。

問題がある場合はエラー画面を表示し、 インストーラメニューに、代替アクションを選択するように表示するかもしれません。 いずれも問題なければ、ユーザはインストールメニューを目にすることはなく、 単に順番に各コンポーネントの質問に答えて行くだけでしょう。 重大なエラー通知は優先度を「重要」に設定されているため、常に表示されます。

インストーラが使用するデフォルト値は、 debian-installer の起動時にパラメータで渡して指定できます。 たとえば、強制的に静的ネットワーク設定をしたい場合、 (デフォルトでは可能なら DHCP を利用します) 起動パラメータに netcfg/disable_dhcp=true を加えることができます。 利用できるオプションは 項5.2.1. 「Debian Installer パラメータ」 を参照してください。

パワーユーザは、メニュードリブンインターフェース (自動で順に各ステップを実行するインストーラではなく、 ユーザが各ステップを制御する) の方が、満足するかもしれません。 手動 (メニュー駆動) でインストーラを使用するには、 起動引数に priority=medium を加えてください。

ハードウェアをインストールする際に、 オプションをカーネルモジュールへ渡す必要がある場合、 「エキスパート」モードでインストーラを起動する必要があります。 これは、インストーラを起動するコマンドに expert を使用する、 あるいは起動引数に priority=low を加えることで行います。 エキスパートモードでは debian-installer をフルコントロールできます。

通常インストーラの表示はキャラクタベースです。 (今、よりよく知られているグラフィカルインターフェースに対立する用語として) マウスはこの環境では使用できません。 ここでは、様々なダイアログでナビゲートするキーを紹介します。 ボタンや選択肢が表示されている間は、 Tab キーや矢印は「前方」へ、 Shift-Tab矢印は「後方」へ移動します。 矢印は、 スクロールするリスト内の項目を選択し、またリスト自体もスクロールさせます。 さらに、長いリストでは、タイプした文字で始まる項目に直接スクロールしますし、 リストのスクロールに Pg-UpPg-Down も 使用できます。 スペースバー は、チェックボックスのような項目を選択します。 選択肢を有効にするには Enter を使用してください。

エラーメッセージとログは第 4 コンソールに リダイレクトされます。このコンソールへは 左 Alt-F4 (左 Alt キーを押しながら F4 ファンクションキーを押す) を押してアクセスしてください。 左 Alt-F1 で、 メインのインストーラプロセスに戻ります。

これらのメッセージは /var/log/syslog で 見つけることもできます。 インストールの後、このログはあなたの新システムの /var/log/installer/syslog にコピーされます。 他のインストールメッセージは、インストール中には /var/log/ に、 インストールしたシステムでコンピュータが起動した後には /var/log/installer/ にあります。