7.3. ログイン

システムが起動するとすぐに、ログインプロンプトが現れます。 インストールプロセス中にあなたが指定した一般ユーザのアカウント名と パスワードを入力して、ログインしてください。これで、システムは準備完了です。

初心者のユーザは、システムを使い始めながら、 すでにインストールされている文書を読んでみると良いでしょう。 現在はまだ文書システムが数種類存在しており、別々の形式の文書を 統合するための作業が進められているところです。以下に 出発点をいくつか示します。

インストールしたプログラムに付属する文書は、 /usr/share/doc/ 以下のそのプログラム (より正確には、 そのプログラムを含む Debian パッケージ) にちなんで命名されたサブディレクトリ の下で見ることができます。しかし多くの場合、より豊富な文書が、独立した 文書パッケージ (ほとんどの場合、デフォルトではインストールされません) として 特別に用意されます。例えば、パッケージ管理ツール apt に 関する文書は、apt-docapt-howto パッケージで見ることができます。

また、/usr/share/doc/ 階層構造の中には、 いくつか特別なフォルダがあります。Linux HOWTO は、 /usr/share/doc/HOWTO/en-txt/ の中に、 .gz (圧縮) フォーマットで収められています。 dhelp をインストールした後に、 /usr/share/doc/HTML/index.html に拾い読みできる 文書のインデックスを見つけるでしょう。

テキストベースのブラウザを使用して以下のコマンドを入力することで、 それらの文書を簡単に見ることができます:

$ cd /usr/share/doc/
$ w3c .

w3c コマンドの後のドットは、カレントディレクトリの 内容を表示させるためのものです。

グラフィカルデスクトップ環境をインストールした場合には、Web ブラウザも 利用できます。アプリケーションメニューから Web ブラウザを起動し、 アドレスバーに /usr/share/doc/ と入力してください。

また、コマンドプロンプトから使えるほとんどのコマンドに対し、 info コマンド または man コマンド によって その文書が参照できます。 help と入力すると、シェルコマンドのヘルプが 読めます。コマンドを --help つきで入力すると、 たいていそのコマンドの簡単な使い方が表示されます。 その結果が画面からスクロールして消えてしまう場合には、 コマンドのあとに | more を追加すると、 画面ごとに一時停止してくれます。ある文字で始まるコマンドの 一覧を知りたいときは、その文字を入力してからタブを 2 回押します。