B.4. 事前設定ファイルの内容

本付録で使用する設定の断片は、 http://www.debian.org/releases/etch/example-preseed.txt のサンプル事前設定ファイルでも利用できます。

本サンプルは、 Intel x86 アーキテクチャ用インストールを元にしていることに注意してください。 他のアーキテクチャにインストールする場合、 サンプルのいくつか (キーボードの選択やブートローダの選択など) は適切でないかもしれませんので、 そのアーキテクチャ用に適切な debconf 設定で置き換える必要があるでしょう。

B.4.1. 地域化

地域化の設定値は initrd preseed を利用しているときのみ動作します。 他のすべての方法では、 この質問をされた後にしか事前設定ファイルを読み込めません。

ロケールは言語と国を両方指定します。 ブートパラメータでロケールを指定するには、 locale=en_US としてください。

# Locale sets language and country.
d-i debian-installer/locale string en_US

キーボード設定は、 キーボードアーキテクチャとキーマップを選択することから成っています。 ほとんどの場合、正しいキーボードアーキテクチャはデフォルトで選択されています。 そのため、通常 preseed する必要はありません。 キーマップは選択したキーボードアーキテクチャで、有効でなくてはなりません。

# Keyboard selection.
#d-i console-tools/archs select at
d-i console-keymaps-at/keymap select us
# Example for a different keyboard architecture
#d-i console-keymaps-usb/keymap select mac-usb-us

キーボード設定をスキップするには、 console-tools/archsskip-config と preseed してください。 これにより、カーネルのキーマップが有効になったままとなります。

注意

カーネル 2.6 では入力レイヤが変更され、 キーボードアーキテクチャは事実上時代遅れです。 カーネル 2.6 では通常、「PC」 (at) キーマップが既に選択されています。

B.4.2. ネットワーク設定

もちろん、ネットワークから事前設定ファイルを読み込む場合、 preseed のネットワーク設定は動作しません。 しかし、CD や USB メモリから起動するときには重要です。 ネットワークから事前設定ファイルを読み込む場合、 ネットワーク設定パラメータは、カーネルブートパラメータで渡すことになります。

ネットワークから事前設定ファイルを読み込む前に netboot するとき、 特定のインターフェースを選ぶ必要があるなら、 interface=eth1 のようにブートパラメータを使用してください。

preseed/url」 でネットワーク preseed を使用する際、 ネットワーク設定の preseed は通常不可能ですが、 例えば、ネットワークインターフェースに静的アドレスを設定するといった、 以下のハックを利用して動作させることができます。 このハックは、以下の行を含む 「preseed/run」 スクリプトを作成し、 事前設定ファイルを読み込んだ後でネットワークの設定を強制的に再度行う、 というものです。

killall.sh dhclient
netcfg

# netcfg will choose an interface that has link if possible. This makes it
# skip displaying a list if there is more than one interface.
d-i netcfg/choose_interface select auto

# To pick a particular interface instead:
#d-i netcfg/choose_interface select eth1

# If you have a slow dhcp server and the installer times out waiting for
# it, this might be useful.
#d-i netcfg/dhcp_timeout string 60

# If you prefer to configure the network manually, uncomment this line and
# the static network configuration below.
#d-i netcfg/disable_dhcp boolean true

# If you want the preconfiguration file to work on systems both with and
# without a dhcp server, uncomment these lines and the static network
# configuration below.
#d-i netcfg/dhcp_failed note
#d-i netcfg/dhcp_options select Configure network manually

# Static network configuration.
#d-i netcfg/get_nameservers string 192.168.1.1
#d-i netcfg/get_ipaddress string 192.168.1.42
#d-i netcfg/get_netmask string 255.255.255.0
#d-i netcfg/get_gateway string 192.168.1.1
#d-i netcfg/confirm_static boolean true

# Any hostname and domain names assigned from dhcp take precedence over
# values set here. However, setting the values still prevents the questions
# from being shown, even if values come from dhcp.
d-i netcfg/get_hostname string unassigned-hostname
d-i netcfg/get_domain string unassigned-domain

# Disable that annoying WEP key dialog.
d-i netcfg/wireless_wep string
# The wacky dhcp hostname that some ISPs use as a password of sorts.
#d-i netcfg/dhcp_hostname string radish

B.4.3. ミラーサイト設定

使用するインストール方法に依存しますが、 インストーラの追加コンポーネントのダウンロードや、基本システムのインストール、 インストールしたシステムの /etc/apt/sources.list の セットアップにミラーサイトを使用できます。

mirror/suite パラメータでは、 インストールするシステム用の組を設定します。

mirror/udeb/suite パラメータでは、 インストーラの追加コンポーネントの組を設定します。 実際にコンポーネントをネットワークでダウンロードする場合に役立つだけです。 また、インストールで使用するインストール方法のための initrd を生成するには、 この組が一致していなければなりません。 mirror/udeb/suite のデフォルト値は、 mirror/suite と同じです。

# If you select ftp, the mirror/country string does not need to be set.
#d-i mirror/protocol string ftp
d-i mirror/country string enter information manually
d-i mirror/http/hostname string http.us.debian.org
d-i mirror/http/directory string /debian
d-i mirror/http/proxy string

# Suite to install.
#d-i mirror/suite string testing
# Suite to use for loading installer components (optional).
#d-i mirror/udeb/suite string testing

B.4.4. パーティション分割

ハードディスクのパーティション分割に preseed を使用するのは、 partman-auto でサポートしている機能に限定されています。 パーティションはディスクに既存の空き領域とディスク全体のどちらかから選べます。 ディスクレイアウトは、あらかじめ定義したレシピ、 レシピファイルによるカスタムレシピ、 事前設定ファイルに書いたレシピから選択できます。 現在のところ、パーティションに preseed を用いて複数のディスクを割り当てることはできません。

警告

ディスクの識別は、ドライバの読み込み順に依存します。 複数のディスクがシステムにある場合、preseed を使用する前に、 正しいディスクを確実に選択できるようにしなければなりません。

# If the system has free space you can choose to only partition that space.
# Note: this must be preseeded with a localized (translated) value.
#d-i partman-auto/init_automatically_partition \
#      select Guided - use the largest continuous free space

# Alternatively, you can specify a disk to partition. The device name
# can be given in either devfs or traditional non-devfs format.
# For example, to use the first disk:
d-i partman-auto/disk string /dev/discs/disc0/disc
# In addition, you'll need to specify the method to use.
# The presently available methods are: "regular", "lvm" and "crypto"
d-i partman-auto/method string lvm

# If one of the disks that are going to be automatically partitioned
# contains an old LVM configuration, the user will normally receive a
# warning. This can be preseeded away...
d-i partman-auto/purge_lvm_from_device boolean true
# And the same goes for the confirmation to write the lvm partitions.
d-i partman-lvm/confirm boolean true

# You can choose from any of the predefined partitioning recipes.
# Note: this must be preseeded with a localized (translated) value.
d-i partman-auto/choose_recipe \
       select All files in one partition (recommended for new users)
#d-i partman-auto/choose_recipe \
#       select Separate /home partition
#d-i partman-auto/choose_recipe \
#       select Separate /home, /usr, /var, and /tmp partitions

# Or provide a recipe of your own...
# The recipe format is documented in the file devel/partman-auto-recipe.txt.
# If you have a way to get a recipe file into the d-i environment, you can
# just point at it.
#d-i partman-auto/expert_recipe_file string /hd-media/recipe

# If not, you can put an entire recipe into the preconfiguration file in one
# (logical) line. This example creates a small /boot partition, suitable
# swap, and uses the rest of the space for the root partition:
#d-i partman-auto/expert_recipe string                         \
#      boot-root ::                                            \
#              40 50 100 ext3                                  \
#                      $primary{ } $bootable{ }                \
#                      method{ format } format{ }              \
#                      use_filesystem{ } filesystem{ ext3 }    \
#                      mountpoint{ /boot }                     \
#              .                                               \
#              500 10000 1000000000 ext3                       \
#                      method{ format } format{ }              \
#                      use_filesystem{ } filesystem{ ext3 }    \
#                      mountpoint{ / }                         \
#              .                                               \
#              64 512 300% linux-swap                          \
#                      method{ swap } format{ }                \
#              .

# This makes partman automatically partition without confirmation.
d-i partman/confirm_write_new_label boolean true
d-i partman/choose_partition \
       select Finish partitioning and write changes to disk
d-i partman/confirm boolean true

B.4.5. RAID を用いたパーティション分割

ソフトウェア RAID アレイにパーティションをセットアップすることも、 preseed を使用してできます。 サポートしているのは、RAID 0, 1, 5、や縮退アレイの作成、 スペアデバイスの指定です。 RAID 1 を使用する際には、アレイで使用する全デバイスへインストールするよう、 preseed で探せます。項B.4.10. 「ブートローダのインストール」 をご覧ください。

警告

自動パーティション分割でのこの形式は、誤動作をしやすいです。 また、とても新しいコンポーネントで、まだバグやエラー処理漏れがあるはずです。 様々な条件で正しく動作するかの責任 (理解でき衝突しない限り) は、 ユーザの側にあります。 問題が発生したら、/var/log/syslog をチェックしてください。

コンポーネントの開発者によってテストされているのは、 RAID 0 と RAID 1 のみであることに注意してください。 RAID 5 はテストされていません。 縮退アレイやスペアデバイスを使用した、 拡張 RAID セットアップは軽くテストしただけです。

# NOTE: this option is of beta release quality and should be used carefully

# The method should be set to "raid".
#d-i partman-auto/method string raid
# Specify the disks to be partitioned. They will all get the same layout,
# so this will only work if the disks are the same size.
#d-i partman-auto/disk string /dev/discs/disc0/disc /dev/discs/disc1/disc

# Next you need to specify the physical partitions that will be used. 
#d-i partman-auto/expert_recipe string \
#      multiraid ::                                         \
#              1000 5000 4000 raid                          \
#                      $primary{ } method{ raid }           \
#              .                                            \
#              64 512 300% raid                             \
#                      method{ raid }                       \
#              .                                            \
#              500 10000 1000000000 raid                    \
#                      method{ raid }                       \
#              .

# Last you need to specify how the previously defined partitions will be
# used in the RAID setup. Remember to use the correct partition numbers
# for logical partitions.
# Parameters are:
# <raidtype> <devcount> <sparecount> <fstype> <mountpoint> \
#          <devices> <sparedevices>
# RAID levels 0, 1 and 5 are supported; devices are separated using "#"
#d-i partman-auto-raid/recipe string \
#    1 2 0 ext3 /                                           \
#          /dev/discs/disc0/part1#/dev/discs/disc1/part1    \
#    .                                                      \
#    1 2 0 swap -                                           \
#          /dev/discs/disc0/part5#/dev/discs/disc1/part5    \
#    .                                                      \
#    0 2 0 ext3 /home                                       \
#          /dev/discs/disc0/part6#/dev/discs/disc1/part6    \
#    .

# This makes partman automatically partition without confirmation.
d-i partman-md/confirm boolean true
d-i partman/confirm_write_new_label boolean true
d-i partman/choose_partition \
       select Finish partitioning and write changes to disk
d-i partman/confirm boolean true

B.4.6. 時計・タイムゾーン設定

# Controls whether or not the hardware clock is set to UTC.
d-i clock-setup/utc boolean true

# You may set this to any valid setting for $TZ; see the contents of
# /usr/share/zoneinfo/ for valid values.
d-i time/zone string US/Eastern

B.4.7. apt 設定

/etc/apt/sources.list のセットアップと基本設定オプションは、 インストール方法と初期の質問への回答から、完全に自動的に行われます。 さらに、他の (ローカルな) リポジトリを追加できます。

# You can choose to install non-free and contrib software.
#d-i apt-setup/non-free boolean true
#d-i apt-setup/contrib boolean true
# Uncomment this if you don't want to use a network mirror.
#d-i apt-setup/use_mirror boolean false
# Uncomment this to avoid adding security sources, or
# add a hostname to use a different server than security.debian.org.
#d-i apt-setup/security_host string

# Additional repositories, local[0-9] available
#d-i apt-setup/local0/repository string \
#       deb http://local.server/debian stable main
#d-i apt-setup/local0/comment string local server
# Enable deb-src lines
#d-i apt-setup/local0/source boolean true
# URL to the public key of the local repository; you must provide a key or
# apt will complain about the unauthenticated repository and so the
# sources.list line will be left commented out
#d-i apt-setup/local0/key string http://local.server/key

# By default the installer requires that repositories be authenticated
# using a known gpg key. This setting can be used to disable that
# authentication. Warning: Insecure, not recommended.
#d-i debian-installer/allow_unauthenticated string true

B.4.8. アカウント設定

root アカウント用のパスワードや、 最初のユーザアカウントの名前・パスワードは preseed できます。 パスワードには、クリアテキストか MD5 ハッシュのどちらかを 使用できます。

警告

preseed のパスワードは、 パスワードを知っている事前設定ファイルが誰でもアクセスできるために、 完全に安全というわけではないことを知っておいてください。 MD5 ハッシュを使えば、セキュリティ的には多少ましと言えますが、 MD5 ハッシュは総当たり攻撃にかけられることを考えると、 セキュリティ的に誤解を与えるかもしれません。

# Skip creation of a root account (normal user account will be able to
# use sudo).
#d-i passwd/root-login boolean false
# Alternatively, to skip creation of a normal user account.
#d-i passwd/make-user boolean false

# Root password, either in clear text
#d-i passwd/root-password password r00tme
#d-i passwd/root-password-again password r00tme
# or encrypted using an MD5 hash.
#d-i passwd/root-password-crypted password [MD5 hash]

# To create a normal user account.
#d-i passwd/user-fullname string Debian User
#d-i passwd/username string debian
# Normal user's password, either in clear text
#d-i passwd/user-password password insecure
#d-i passwd/user-password-again password insecure
# or encrypted using an MD5 hash.
#d-i passwd/user-password-crypted password [MD5 hash]

passwd/root-password-crypted 変数や passwd/user-password-crypted 変数では、 preseed で 「!」 という値を取れます。 この場合、そのアカウントは無効となります。 もちろん管理権限での実行や root ログインを許可する代替手段 (例えば SSH キー認証や sudo) を用意しておいた上で、 root アカウントに設定すると便利です。

パスワードの MD5 ハッシュは以下のコマンドで生成できます。

$ echo "r00tme" | mkpasswd -s -H MD5

B.4.9. 基本システムのインストール

インストールのこの段階では、実際にはうまく preseed できないことがあります。 その唯一のものが、カーネルのインストールについての質問です。

# Select the initramfs generator used to generate the initrd for 2.6 kernels.
#d-i base-installer/kernel/linux/initramfs-generators string yaird

B.4.10. ブートローダのインストール

# Grub is the default boot loader (for x86). If you want lilo installed
# instead, uncomment this:
#d-i grub-installer/skip boolean true

# This is fairly safe to set, it makes grub install automatically to the MBR
# if no other operating system is detected on the machine.
d-i grub-installer/only_debian boolean true

# This one makes grub-installer install to the MBR if it also finds some other
# OS, which is less safe as it might not be able to boot that other OS.
d-i grub-installer/with_other_os boolean true

# Alternatively, if you want to install to a location other than the mbr,
# uncomment and edit these lines:
#d-i grub-installer/only_debian boolean false
#d-i grub-installer/with_other_os boolean false
#d-i grub-installer/bootdev  string (hd0,0)
# To install grub to multiple disks:
#d-i grub-installer/bootdev  string (hd0,0) (hd1,0) (hd2,0)

B.4.11. パッケージ選択

有効なタスクを組み合わせてインストールするものを選ぶことができます。 有効なタスクを以下に書き出します。

  • standard

  • desktop

  • gnome-desktop

  • kde-desktop

  • web-server

  • print-server

  • dns-server

  • file-server

  • mail-server

  • sql-database

  • laptop

タスクをインストールしないこともできますし、 他の方法でパッケージのセットが強制的にインストールされることもあります。 standard タスクは常に含めるのをお奨めします。

タスクでインストールするパッケージに加えて、 特定のパッケージをインストールする場合、 pkgsel/include パラメータを使用できます。 このパラメータの値は、カーネルコマンドラインにそのまま渡されるので、 カンマか空白で区切ったパッケージのリストを取れます。

tasksel tasksel/first multiselect standard, desktop
#tasksel tasksel/first multiselect standard, web-server
#tasksel tasksel/first multiselect standard, kde-desktop

# Individual additional packages to install
#d-i pkgsel/include string openssh-server build-essential

# Some versions of the installer can report back on what software you have
# installed, and what software you use. The default is not to report back,
# but sending reports helps the project determine what software is most
# popular and include it on CDs.
#popularity-contest popularity-contest/participate boolean false

B.4.12. インストール第 1 段階の仕上げ

# Avoid that last message about the install being complete.
d-i finish-install/reboot_in_progress note

# This will prevent the installer from ejecting the CD during the reboot,
# which is useful in some situations.
#d-i cdrom-detect/eject boolean false

B.4.13. X の設定

Debian の X 設定を preseed 可能です。 しかし、マシンのビデオハードウェアについて、 詳細を知っている必要があるかもしれません。 Debian の X コンフィグレータはすべてを自動設定するわけには行かないのです。

# X can detect the right driver for some cards, but if you're preseeding,
# you override whatever it chooses. Still, vesa will work most places.
#xserver-xorg xserver-xorg/config/device/driver select vesa

# A caveat with mouse autodetection is that if it fails, X will retry it
# over and over. So if it's preseeded to be done, there is a possibility of
# an infinite loop if the mouse is not autodetected.
#xserver-xorg xserver-xorg/autodetect_mouse boolean true

# Monitor autodetection is recommended.
xserver-xorg xserver-xorg/autodetect_monitor boolean true
# Uncomment if you have an LCD display.
#xserver-xorg xserver-xorg/config/monitor/lcd boolean true
# X has three configuration paths for the monitor. Here's how to preseed
# the "medium" path, which is always available. The "simple" path may not
# be available, and the "advanced" path asks too many questions.
xserver-xorg xserver-xorg/config/monitor/selection-method \
       select medium
xserver-xorg xserver-xorg/config/monitor/mode-list \
       select 1024x768 @ 60 Hz

B.4.14. 他パッケージの preseed

# Depending on what software you choose to install, or if things go wrong
# during the installation process, it's possible that other questions may
# be asked. You can preseed those too, of course. To get a list of every
# possible question that could be asked during an install, do an
# installation, and then run these commands:
#   debconf-get-selections --installer > file
#   debconf-get-selections >> file