2.1. サポートするハードウェア

Debian は、Linux カーネルや GNU ツールセットが必要とする以上のハードウェア を要求しません。それゆえ、Linux カーネル、libc、gcc などが 移植されていて、Debian の移植版が存在すれば、どんなアーキテクチャや プラットフォームでも Debian を動作させることができます。 すでに Debian でテストされている PowerPC アーキテクチャの詳細は、 移植版のページ (http://www.debian.org/ports/powerpc/) を参照してください。

この節では、PowerPC でサポートされるハードウェアの様々な設定の すべてに触れることは避け、一般的な情報とさらなる情報が見つけられる場所への ポインタを紹介します。

2.1.1. サポートするアーキテクチャ

Debian 4.0 は 12 の主要なアーキテクチャと、 「フレーバー」と呼ばれる各アーキテクチャのバリエーションを サポートしています。

アーキテクチャ Debian 名称 サブアーキテクチャ フレーバー
Intel x86 ベース i386    
AMD64 & Intel EM64T amd64    
DEC Alpha alpha    
ARM・StrongARM arm Netwinder・CATS netwinder
Intel IOP32x iop32x
Intel IXP4xx ixp4xx
RiscPC rpc
HP PA-RISC hppa PA-RISC 1.1 32
PA-RISC 2.0 64
Intel IA-64 ia64    
MIPS (ビッグエンディアン) mips SGI IP22 (Indy/Indigo 2) r4k-ip22
SGI IP32 (O2) r5k-ip32
Broadcom BCM91250A (SWARM) sb1-bcm91250a
Broadcom BCM91480B (BigSur) sb1a-bcm91480b
MIPS (リトルエンディアン) mipsel Cobalt cobalt
DECstation r4k-kn04
r3k-kn02
Broadcom BCM91250A (SWARM) sb1-bcm91250a
Broadcom BCM91480B (BigSur) sb1a-bcm91480b
Motorola 680x0 m68k Atari atari
Amiga amiga
68k Macintosh mac
VME bvme6000
mvme147
mvme16x
IBM/Motorola PowerPC powerpc CHRP chrp
PowerMac pmac
PReP prep
Sun SPARC sparc sun4m sparc32
sun4u sparc64
sun4v
IBM S/390 s390 VM-reader や DASD からの IPL generic
テープからの IPL tape

この文書は PowerPC アーキテクチャへのインストールを扱います。 なお、他のアーキテクチャに関する情報については、 Debian 移植版 ページをご覧ください。

2.1.2. CPU・マザーボード・ビデオのサポート

サポートされる主な powerpc のサブアーキテクチャは、 PMac (Power-Macintosh や PowerMac), PReP, APUS (Amiga Power-UP System), CHRP の 4 つです。 いずれのサブアーキテクチャも自身で起動する方法があります。 さらに、異なる CPU の変種をサポートする、4 種のカーネルフレーバーがあります。

Be-Box、MBX といった他の powerpc アーキテクチャへの移植は作業中ですが、まだ Debian ではサポートされません。 また、将来的にはその 64bit 移植版もサポートする予定です。

2.1.2.1. カーネルフレーバー

Debian では CPU タイプに基づいて、 powerpc カーネルのフレーバーが 4 種類あります。

powerpc

ほとんどのシステムはこのカーネルフレーバーを使用します。 これは PowerPC 601, 603, 604, 740, 750, 7400 プロセッサをサポートしています。 G4 として発売されたものを含む Apple の PowerMac マシンは、 このいずれかのプロセッサを使用しています。

power64

power64 カーネルフレーバーは以下の CPU をサポートしています。

POWER3 プロセッサは IBM の 64 ビットサーバシステムで使用されています。 よく知られたモデルは、IntelliStation POWER Model 265 や pSeries 610/640、 RS/6000 7044-170, 7043-260, 7044-270 です。

POWER4 プロセッサは、つい最近の IBM 64 ビットサーバシステムで使用されています。 よく知られたモデルは、pSeries 615, 630, 650, 655, 670, 690 です。

Apple G5 (PPC970FX processor) を使用したシステムも POWER4 アーキテクチャをベースにしており、このカーネルフレーバーを使用します。

prep

このカーネルフレーバーは PReP サブアーキテクチャをサポートしています。

apus

このカーネルフレーバーは、Amiga Power-UP System をサポートしていますが、 現在無効になっています。

2.1.2.2. Power Macintosh (pmac) サブアーキテクチャ

Apple (そしてたとえば Power Computing のような他のメーカー) は、 PowerPC プロセッサベースの Macintosh コンピュータを製造しています。 アーキテクチャのサポートの種類により、NuBus (Debian では未サポート), OldWorld PCI, NewWorld に分類されています。

OldWorld システムはフロッピードライブと PCI バスを備えた、 ほとんどの Power Macintosh のことです。 603, 603e, 604, 604e ベースの Power Macintosh が OldWorld マシンです。 ベージュの G3 システムの他は、 Apple の 4 桁の数字の命名規則を持つ iMac 以前の PowerPC モデルも OldWorld です。

対して NewWorld PowerMac と呼ばれるのが半透明の PowerMac 以降のものです。 すべての iMac, iBook, G4 システム, 青い G3 システム, 1999 年以降に製造されたほとんどの PowerBook が含まれます。 NewWorld PowerMac は、1998 年半ばから製造され、 MacOS 用に 「ROM in RAM」 システムを使用しています。

Apple のハードウェアの仕様は、 AppleSpec から、古いハードウェアに関しては AppleSpec Legacy から入手できます。

モデル名/型番 世代
Apple iMac Bondi Blue, 5 Flavors, Slot Loading NewWorld
iMac Summer 2000, Early 2001 NewWorld
iMac G5 NewWorld
iBook, iBook SE, iBook Dual USB NewWorld
iBook2 NewWorld
iBook G4 NewWorld
Power Macintosh Blue and White (B&W) G3 NewWorld
Power Macintosh G4 PCI, AGP, Cube NewWorld
Power Macintosh G4 Gigabit Ethernet NewWorld
Power Macintosh G4 Digital Audio, Quicksilver NewWorld
Power Macintosh G5 NewWorld
PowerBook G3 FireWire Pismo (2000) NewWorld
PowerBook G3 Lombard (1999) NewWorld
PowerBook G4 Titanium NewWorld
PowerBook G4 Aluminum NewWorld
Xserve G5 NewWorld
Performa 4400, 54xx, 5500 OldWorld
Performa 6360, 6400, 6500 OldWorld
Power Macintosh 4400, 5400 OldWorld
Power Macintosh 7200, 7300, 7500, 7600 OldWorld
Power Macintosh 8200, 8500, 8600 OldWorld
Power Macintosh 9500, 9600 OldWorld
Power Macintosh (ベージュ) G3 ミニタワー OldWorld
Power Macintosh (ベージュ) デスクトップ, オールインワン OldWorld
PowerBook 2400, 3400, 3500 OldWorld
PowerBook G3 Wallstreet (1998) OldWorld
Twentieth Anniversary Macintosh OldWorld
Workgroup Server 7250, 7350, 8550, 9650, G3 OldWorld
Power Computing PowerBase, PowerTower / Pro, PowerWave OldWorld
PowerCenter / Pro, PowerCurve OldWorld
UMAX C500, C600, J700, S900 OldWorld
APS APS Tech M*Power 604e/2000 OldWorld
Motorola Starmax 3000, 4000, 5000, 5500 OldWorld

2.1.2.3. PReP サブアーキテクチャ

モデル名/型番
Motorola Firepower, PowerStack Series E, PowerStack II
MPC 7xx, 8xx
MTX, MTX+
MVME2300(SC)/24xx/26xx/27xx/36xx/46xx
MCP(N)750
IBM RS/6000 40P, 43P
Power 830/850/860 (6070, 6050)
6030, 7025, 7043
p640

2.1.2.4. CHRP サブアーキテクチャ

モデル名/型番
IBM RS/6000 B50, 43P-150, 44P
Genesi Pegasos I, Pegasos II

2.1.2.5. APUS サブアーキテクチャ

モデル名/型番
Amiga Power-UP Systems (APUS) A1200, A3000, A4000

2.1.2.6. Nubus PowerMac サブアーキテクチャ (未サポート)

NuBus システムは現在 Debian/powerpc でサポートされていません。 モノリシック Linux/PPC カーネルアーキテクチャでは、 マシンをサポートしておらず、Debian ではまだサポートしていない MkLinux Mach マイクロカーネルを使用しなければならないものがあります。 以下のものが含まれます。

  • Power Macintosh 6100, 7100, 8100

  • Performa 5200, 6200, 6300

  • Powerbook 1400, 2300, and 5300

  • Workgroup Server 6150, 8150, 9150

以上のマシン用 Linux カーネルは http://nubus-pmac.sourceforge.net/ で限定的にサポートされています。

2.1.2.7. 非 PowerPC Mac

680x0 系の プロセッサを搭載した Macintosh コンピュータは、 PowerPC 系ではなく代わりに m68k マシンとなります。 このシリーズは 「Mac II」 シリーズから始まり、 「LC」 系、Centris シリーズ、Quadra や Performa で全盛となりました。 以上のモデルは、Mac IIcx, LCIII, Quadra 950 のようにローマ数字や 3 桁のモデルナンバーのものがほぼこれに該当します。

このモデルの範囲は、Mac II (Mac II, IIx, IIcx, IIci, IIsi, IIvi, IIvx, IIfx) ではじまり、LC (LC, LCII, III, III+, 475, 520, 550, 575, 580, 630)、 Mac TV、Centris (610, 650, 660AV)、 Quadra (605, 610, 630, 650, 660AV, 700, 800, 840AV, 900, 950)、 最後に Performa 200-640CD となります。

ラップトップでは、Mac Portable からはじまり、PowerBook 100-190cs や PowerBook Duo 210-550c (PowerBook 500 は Nubus からはずれます。 前出の節をご覧ください)

2.1.3. グラフィックカードのサポート

Debian がサポートするグラフィックインターフェースは、 X.Org の X11 System のサポートに基づいたものです。 ほとんどの AGP, PCI, PCIe ビデオカードは X.Org の下で動作します。 サポートされているグラフィックバス、カード、モニタ、ポインティングデバイス に関するより詳細な情報については、 http://xorg.freedesktop.org/ をご覧ください。 なお Debian 4.0 は X.Org バージョン 7.1 を採用しています。

2.1.4. マルチプロセッサ

このアーキテクチャでは、 マルチプロセッササポート (「対称型マルチプロセッシング」や SMP と呼ばれている) が利用できます。 しかし Debian 4.0 の標準カーネルイメージは SMP をサポートしていません。 標準の非 SMP カーネルは SMP システムでも起動できますから、 インストールには問題ありません。 標準カーネルは単に 1 番目の CPU を用います。

マルチプロセッサを利用するためには、Debian の標準カーネルを置き換える必要 があります。その手順に関する話題は 項8.6. 「新しいカーネルのコンパイル」 にあります。 現時点 (カーネルバージョン 2.6.18) で SMP を有効にするためには、 カーネルコンフィグレーションの 「Platform support」 セクションにある 「Symmetric multi-processing support」 を選択してください。