3.5. マルチブートシステムでの事前パーティション分割

「ディスクのパーティション分割」とは、ディスクをセクションに分けることです。 各セクションは他のセクションから独立しています。 この作業は要するに、家の中に壁を作るようなものです。 ある部屋に家具を入れても、それは他の部屋には影響しないというわけです。

システム上に既にオペレーティングシステム が入っていて、同じディスクに Linux も入れたい場合には、 ディスクのパーティション分割をやり直す必要があります。 Linux は Windows や MacOS のパーティションにはインストールできません。 他の Linux システムとはパーティションを共有することも可能かもしれませんが、 ここではそれは取り扱いません。 少なくとも、Debian の root には専用のパーティションが必要となります。

現在のパーティションの設定は、Drive Setup, HD Toolkit, MacToolsのような、 現在の OS に対応したパーティション分割ツールを使えばわかります。 パーティション分割ツールには、 必ず既存のパーティションを (変更せずに) 表示する機能が付いています。

一般には、既にファイルシステムの入っているパーティションを変更すると、 そこの情報はすべて破壊されてしまいます。 従って、パーティション分割をやり直す前には、 必ずバックアップを取っておくべきです。 また家の比喩を用いてみましょう。 壁を動かす前には、家具が壊れないよう、それらは前もってどけておくでしょう?

コンピュータに 2 台以上のハードディスクがある場合は、 その内の 1 台を Debian 専用にするといいかもしれません。 そうすれば、インストールシステムの起動前に パーティション分割を行う必要はありません。 インストーラに含まれているパーティション分割プログラムが、 この仕事を的確にこなしてくれます。

マシンに 1 台しかディスクがなくても、現在の OS を Debian GNU/Linux で完全に置き換えてしまうつもりなら、 パーティション分割はインストーラを起動した後で、 インストール作業の一部として行って構いません (項6.3.2.1. 「ディスクのパーティション分割」)。 しかしこれが可能なのは、インストーラシステムをテープ、CD-ROM、 接続されたマシンのファイルのいずれかから起動する場合だけです。 ちょっと考えてみてください。ハードディスクにあるファイルから起動して、 起動したインストールシステムからそのファイルのあるディスクを パーティション分割し、つまり起動ファイルを消してしまったとしたら。 そのインストールが一発でうまいこと行くように祈るしかないですね。 まあこの場合に最悪の状況となったとしても、 もともと入っていたシステムのインストールテープや CD などで、 コンピュータを元の状態に戻す方法はきっとあるでしょうが。

既にコンピュータに複数のパーティションがあり、 それらの一部を消したり置き換えたりすることによって 充分な空き領域が確保できる場合にも、 Debian インストーラのパーティション分割プログラムで作業を行って構いません。 しかしこの場合でも、以降の内容は目を通しておきましょう。 パーティションマップ中の現在のパーティションの並び順などによって、 いずれにしてもインストール前にパーティション分割作業を しなければならないような場合もあり得るからです。

上記のどれにも当てはまらない場合、インストールをはじめる前に パーティション分割を行い、Debian に割り当て可能な領域を 作ってやらなければなりません。 一部のパーティションを他の OS に使う場合は、 そのパーティションはその OS のパーティション分割ツールで 作成するほうが良いでしょう。 しかし Debian GNU/Linux 用のパーティションは、 他の OS のツールでは作らないようお勧めします。 そのツールで作るのは、 残しておきたい OS のパーティションだけにしてください。

同じマシンに複数の OS をインストールするつもりでしたら、 Linux をインストールする前に、 他の OS を全部先にインストールしておきましょう。 Windows などの他の OS をインストールすると、 Linux を起動する機能が破壊されてしまったり、 あるいはその OS のものでないパーティションを フォーマットし直すよう促されたりするからです。

このような動作から復旧したり、そのような提案を断ったりすることはできますが、 先にそちらのシステムをインストールしておけば、 最初からトラブルを避けることができます。

OpenFirmware に Debian GNU/Linux を自動的に起動させるには、 Linux パーティションを他の OS のパーティション (特に MacOS のブートパーティション) よりディスクの先頭近くに 置かなければなりません。 事前パーティション分割を行うときにはこのことを心に留めておきましょう。 Linux 用に使う場所を埋めておくパーティションを、 他の起動可能なパーティションよりも ディスクの 前の方 に作らなければなりません (Apple ディスクドライバ用の小さなパーティションは起動可能ではありません)。 この場所埋めのパーティションは、後で Linux をインストールするときに削除し、 実際の Linux パーティションと置き換えることができます。

現在ディスクがひとつ、パーティションもひとつ (デスクトップコンピュータだと普通の設定) になっていて、元の OS と Debian との デュアルブートにしたい場合は、以下の手順を踏む必要があります。

  1. コンピュータのすべてをバックアップする。

  2. 元の OS のインストールメディア (CD-ROM やテープ) から起動する。 MacOS CD から起動する場合は、 起動中に c キーを押しっぱなしにして、 強制的に CD をアクティブな MacOS にする。

  3. 既存の OS のパーティション分割ツールを使って、 そのシステムのパーティションを作る。 Debian GNU/Linux 用にも場所埋めのパーティションか、空き領域を作る。

  4. その OS を、新しくつくったパーティションにインストールする。

  5. 新しく入れたその OS で起動しなおして、すべて問題ないか確かめる。 問題なければ Debian インストーラの起動ファイルをダウンロードする。

  6. Debian インストーラを起動して、Debian のインストールを続ける。

3.5.1. MacOS/OSX のパーティション分割

MacOS CD の Utilities フォルダに、 Apple Drive Setup アプリケーションが 入っているはずです。これを用いて既存のパーティションを調整できます。 ただしディスク全体をいちどにパーティション分割することしかできません。 ディスクドライバパーティションは Drive Setup からは 見えません。

GNU/Linux で用いるところに、場所埋め用パーティションを作るのを 忘れないでください。できればディスクの先頭に置きましょう。 後で Debian GNU/Linux のインストーラから、一度消して置き換えることになりますので、 タイプは何でも構いません。

MacOS 9 と OS X の両方をインストールする予定でしたら、 OS 9 と OS X にはそれぞれ別々のパーティションを作るのが良いでしょう。 両者を同じパーティションにインストールすると、 起動 OS を選ぶために Startup Disk が (再起動時にも) 必要になります。この両者の選択は、起動時には行えないのです。 別々のパーティションにしておけば、 起動時に option キーを押しておけば、OS 9 と OS X 共に、 別々の選択肢が現れます。 また yaboot のブートメニューにも、 同じように別々の選択肢をインストールできます。 Startup Disk はマウント可能なパーティションをすべて いじってしまう [訳注: 原文 de-bless] ので、 GNU/Linux の起動が影響されることがあります。 OS 9、OS X の各パーティションは、それぞれどちらの OS からもアクセスできます。

GNU/Linux は UFS パーティションの情報にはアクセスできませんが、 HFS+ パーティション (MacOS 拡張パーティション) をサポートしています。 OS X は、この 2 つのいずれかをブートパーティションに必要とします。 MacOS 9 は HFS パーティション (MacOS 標準パーティション) か HFS+ にインストールできます。 MacOS と GNU/Linux システムで情報を共有するには、 情報交換用のパーティションを作るのが手軽です。 HFS パーティションと MS-DOS FAT パーティションが MacOS と Linux の双方でサポートされています。