4.4. USB メモリでの起動用ファイルの準備

USB メモリの準備をするには、 GNU/Linux が既に動いていて、USB をサポートしているシステムが必要になります。 usb-storage カーネルモジュールをきちんとロードして (modprobe usb-storage)、 USB メモリをマッピングしているのがどの SCSI デバイスかを検出してみるべきです。 (この例では /dev/sda を使用します) USB メモリに書き込むために、 ライトプロテクトスイッチを切る必要があります。

USB メモリは少なくとも 128 MB のサイズがなければなりません (項4.4.2. 「ファイルのコピー — 柔軟な方法」 のようにすれば、 より小さなセットアップが可能です)。

4.4.1. ファイルのコピー — 簡単な方法

yaboot や その設定ファイルと同様に、 (カーネルを含む) インストーラの全ファイルが入った hd-media/boot.img.gz という オールインワンファイルがあります。 mac-fdiskC コマンドで USB メモリに "Apple_Bootstrap" タイプのパーティションを作成し、 以下のように USB メモリに直接展開してください。

# zcat boot.img.gz > /dev/sda2

警告

この方法を使うとデバイス上の既存の物は破壊されてしまいます。 USB メモリの正しいデバイス名を確認して使用してください。

その後、USB メモリ ( HFS ファイルシステムになっている) をマウントし (mount /dev/sda2 /mnt)、そこに Debian netinst か、 名刺型 ISO イメージをコピーしてください (項4.4.3. 「ISO イメージの追加」 参照)。 終わったら、USB メモリをアンマウントしてください (umount /mnt)。

4.4.2. ファイルのコピー — 柔軟な方法

もっと柔軟なものがよかったり、何が起きているか知りたいのなら、 以下に説明する USB メモリにファイルを置く方法を使用すべきです。

4.4.2.1. PowerPC での USB メモリのパーティション分割

ほとんどの USB メモリは、 Open Firmware で起動できるようにあらかじめ設定されていません。 Mac システムでは、mac-fdisk /dev/sda を起動して、 i コマンドで新規パーティションマップを初期化、 C コマンドで Apple_Bootstrap タイプの パーティションを作成してください。 (注: 先頭のパーティションはいつもパーティションマップそのものになっています) その後、以下を入力してください。

$ hformat /dev/sda2

USB メモリの正確なデバイス名を使用する事に注意してください。 hformat は、 hfsutils Debian パッケージに含まれています。

USB メモリから起動してカーネルをスタートするには、 USB メモリにブートローダを配置します。 yaboot ブートローダは、 HFS ファイルシステムにインストールでき、 テキストファイルを編集するだけで再設定できます。 HFS ファイルシステムをサポートする OS であれば、 ブートローダの設定を変更できます。

yaboot とともにある通常の ybin ツールは、 USB ストレージデバイスを認識しません。 そのため、hfsutils ツールを使って、 yabootを手動でインストールしなければなりません。 以下を入力してください。

$ hmount /dev/sda2
$ hcopy -r /usr/lib/yaboot/yaboot :
$ hattrib -c UNIX -t tbxi :yaboot
$ hattrib -b :
$ humount

繰り返しますが、正確なデバイス名を使用するよう注意してください。 この手順中でパーティションをマウントする必要はありません。 この手順ではパーティションにブートローダを書き込み、 Open Firmware が起動できるように HFS ユーティリティを使って印を付けます。 これが終われば、 USB メモリに通常の Unix ユーティリティを使う準備ができたことになります。

このパーティションをマウントし (mount /dev/sda2 /mnt)、 以下のファイルを Debian アーカイブから USB メモリへコピーしてください。

  • vmlinux (カーネルバイナリ)

  • initrd.gz (初期 RAM ディスクイメージ)

  • yaboot.conf (yaboot 設定ファイル)

  • boot.msg (追加起動メッセージ)

  • 追加カーネルモジュール

yaboot.conf 設定ファイルには、 以下の行を含まなければなりません。

default=install
root=/dev/ram

message=/boot.msg

image=/vmlinux
        label=install
        initrd=/initrd.gz
        initrd-size=10000
        read-only

起動するイメージに応じて、initrd-size パラメータを、 増やす必要があることに注意してください。

4.4.3. ISO イメージの追加

インストーラは、USB メモリ上の Debian ISO イメージを探し、 インストールに必要な追加データの取得元とします。 ですから次のステップは、 Debian ISO イメージ (名刺、netinst、完全版のいずれか) を、 USB メモリに (入るものを選んで) 入れることです。 ISO イメージのファイル名は .iso で終わっていなければなりません。

ISO イメージを使わずネットワーク越しにインストールしたければ、 もちろん前の手順をスキップしてください。 さらに、hd-media/initrd.gz はネットワークをサポートしないので、 hd-media のものの代わりに、 netboot ディレクトリにある 初期 RAM ディスクを使わなければならないでしょう。

終わったら、USB メモリをアンマウントし (umount /mnt)、 ライトプロテクトスイッチを有効にしてください。