[ 前のページ ] [ 目次 ] [ 次のページ ]

初心者のための dselect 入門 - 章 2
dselect が起動したら


dselectが起動したら、次のような画面になります:

     Debian Linux `dselect' package handling frontend.
     
     0.  [A]ccess  Choose the access method to use. 
     1.  [U]pdate  Update list of available packages, if possible. 
     2   [S]elect  Request which packages you want on your system.
     3.  [I]nstall Install and upgrade wanted packages. 
     4.  [C]onfig  Configure any packages that are unconfigured. 
     5.  [R]emove  Remove unwanted software.
     6.  [Q]uit    Quit dselect.

一つ一つ見ていくことにしましょう。


2.1 ``Access''

これがインストール方法を選択する画面です。

     dselect - list of access methods
       Abbrev.        Description
       cdrom          Install from a CD-ROM.
     * multi_cd       Install from a CD-ROM set.
       nfs            Install from an NFS server (not yet mounted).
       multi_nfs      Install from an NFS server (using the CD-ROM set) (not yet mounted).
       harddisk       Install from a hard disk partition (not yet mounted).
       mounted        Install from a filesystem which is already mounted.
       multi_mount    Install from a mounted partition with changing contents.
       floppy         Install from a pile of floppy disks.
       apt            APT Acquisition [file,http,ftp]

ここではインストールするパッケージがどこにあるかを選択します。 これらが表示される順番は気にしないでください。 インストールのために適した方法を選択することはとても大切なことです。 次でこれらの方法の違いを述べます。

multi_cd
とても強大なこの複雑な方法は、複数枚のバイナリCDの組からインストールする最近のDebianにとって不可欠なものです。 これらのCDはそれぞれ"Packages.cd"ファイルを持ち(この中には他のCDにある情報も含まれます)、昔からの Packages ファイルはその他の方法で使用します。 最初にこの方法を選択したら、CD-ROMをマウントしてはいけません。 1枚をCD-ROMドライブに挿入し、次のように質問に答えます:

インストール可能なパッケージリストを更新してパッケージを選択したら、multi-cdではその他の手順とは異なります。 順番にCDを入れ替えて "install" を実行します。 残念ながらdselectの制限でそれぞれの段階でCDを入れ替えるように促されるかもしれません。次のようにそれぞれのディスクを入れ替えます:

いくつかのパッケージは他のパッケージよりも先にインストールと設定がされている必要があるため、全てのパッケージをインストールするためには一回以上 "install" をしなければならないかもしれません。

未設定のものを設定するために、"Configure" は必ず必要です。

multi_nfs, multi_mount
これらはmulti-cdに良く似ており、メディアを変えながらコピーすることを工夫しています。 例えば、他のマシンのCD-ROMドライブでmulti-cdのセットを使ってインストールする個とができます。

apt
ローカルにミラーしたDebianアーカイブやネットワーク経由でインストールする最もベストなインストール方法の一つです。 この方法は ``apt``システムを利用して完全な依存解析と順序付けをするので、最も最適な順番でパッケージをインストールすることができます。

この方法の設定は直接的で、 複数のアーカイブの場所を指定したり、file:URLs(ローカルやNFSマウントされたディスク)、http:URLs、ftp:URLsを組み合わせることができます。 しかしながら、HTTPとFTPオプションは認証プロキシはサポートしてません。

httpやftpのプロキシサーバを使用する場合には、http_proxyまたはftp_proxy環境変数をそれぞれセットしてください。 dselectを始める前にシェルでこれらを設定します。すなわち:

     # export http_proxy=http://gateway:3128/
     # dselect

floppy
CD-ROMやネットワークに接続していない人達にも利用できます。昔ながらの大きさのフロッピーを使用するならば、これ以外に実行可能なオプションはありませんが。LS/120やZipドライブならより良いでしょう。 フロッピードライブの場所を指定して、フロッピーを挿入します。 最初のフロッピーにはPackagesファイルが含まれていなければなりません。 この方法はとても遅く、メディアに問題があるなど信頼できないかもしれません。

nfs
この方法の使用は勧められません - apt か multi_nfs を代わりに使ってください。 他の方法が全てうまくいかない時のみ使用してください。

これはシンプルなインストール方法で、必要なものもシンプルです:NFSサーバのアドレス、サーバ上のDebianアーカイブの場所とPackagesファイルを入力します。 そして、dselectはサーバからさまざまなセクションを順番にインストールしていきます。 ゆっくりですが簡単;適した順序付けをしないので ``Configure''をたくさん実行する必要があるでしょう。 明らかにNFSを用いたインストールにのみ適しています。

harddisk
この方法の使用は勧められません - apt か multi_nfs を代わりに使ってください。 他の方法が全てうまくいかない時のみ使用してください。

ハードディスクのパーティションのブロックデバイスを用い、通常パーティションのDebianファイルがある場所を指定します。 ゆっくりで簡単です。適した並べ変えをしないので``Configure''をたくさん実行することになるでしょう。 推奨ではなく、なぜなら``apt''がこの機能を提供していて、並べ変えもするからです。

mounted
この方法の使用は勧められません - apt か multi_nfs を代わりに使ってください。 他の方法が全てうまくいかない時のみ使用してください。

ファイルシステム中のDebianファイルの場所を指定します。 たぶん最も簡単な方法ですがゆくりです。最適な並べ変えをしないので``Configure''をたくさん実行する必要があるでしょう。

cdrom
この方法の使用は勧められません - apt か multi_nfs を代わりに使ってください。 他の方法が全てうまくいかない時のみ使用してください。

1枚のCDからインストールします。 このシンプルな方法はCD-ROMドライブの場所とCD-ROM内のDebianディストリビューションの場所、(必要があれば)Packagesファイルの場所を指定します。 簡単ですがとても遅いです。 最適な並べ替えを行わないので、``Configure''をたくさん実行する必要があるでしょう。 推奨しません。なぜなら1枚のCD-ROMを想定しないからです。 multi-cdを代わりに選択してください。

もしもここで問題があれば(例えば、 Linux が cdrom を認識しなかったり、 NFS マウントされていなかったり、どのパーティションにパッケージがあるか を忘れてしまったりしたときなど)、次のような選択があります。

インストール方法を選択したら、次は、パッケージの正確な場所を決定します。 もしこの選択が正しくなければ、 ^C で、インストール方法の選択まで戻ります。

ここを通過すれば、メインの画面に戻ります。


2.2 ``Update''

dselect はミラー元から Packages もしくは Packages.gz ファイルを読み込み、自分のシステムの利用可能なパッケージリストの更新をします。 ファイルのダウンロードと処理にしばらく時間がかかります。


2.3 ``Select''

驚かないでください。 全てのことをここで行ないます。 ここでは、インストールしたいパッケージを選択します。

Enter を押してください。 遅いマシンの場合、画面がクリアされても 15 秒程そのままになるので、キーを連打しないように注意してください。

最初にヘルプファイルの 1 ページ目が表示されます。 選択画面のどこからでも? を押せば、いつでもこの画面を出すことができます。 . キーで続きを見ることができます。

始める前に次のことに気をつけてください。

選択画面の最初の 2 行を見てみましょう。

     dselect - main package listing (avail., priority)          mark:+/=/- verbose:v help:?
     EIOM Pri Section  Package      Inst.ver    Avail.ver   Description

これは、いくつかの特別なキーを知らせています。

+
インストールするパッケージを選択

=
パッケージを保持(hold)します - 壊れたパッケージに有用です。 古いバージョンを再インストールして保持(hold)することにより、新しいパッケージが登場するまで待つことができます。

- パッケージの削除指定

_
パッケージを設定ファイルとともに削除

i,I
パッケージ情報画面を切替える

o,O
パッケージ情報の並び順を替える

v,V
表示を切替える。 このキーを使うと2行目に EIOM の意味が表示されます。 サマリを以下に示します(大文字と小文字の効果は違うので注意してください)
     フラグ   意味              可能な値
     E        エラー            Space, R, I
     I        インストール済    Space, *, -, U, C, I 
     O        一つ前の選択      *, -, =, _, n
     M        現在の選択        *, -, =, _, n

ここで全ての説明をするよりは、すべて書かれているヘルプ画面を参照した方が良いでしょう。 とはいえ、一つの例を示します。

dselect では次のような行があります。

     EIOM Pri  Section  Package   Description 
       ** Opt  misc     loadlin   a loader (running under DOS) for LINUX kernel

これは前回 dselect を実行したときに選んだ loadlin をそのままにし、選択した状態になっています。 しかし、インストールされていません。 なぜでしょう? これは loadlin パッケージが物理的に利用可能になっていないからに違いありません。 パッケージのコピーに失敗しています。

全パッケージが正しくインストールされたという、 dselect が使う情報はパッケージ自身に埋め込まれています。 これは完全なものはないので、パッケージの依存関係が正しくなかった時などに dselect が単に解決できないことがあります。 ユーザには操作を元に戻すことができる方法があり、 QX が選択画面で利用可能なコマンドです。

Q
上書き。 依存関係を無視して選択する。 結果は、もちろん、自分自身の責任です。

X
すべてを破棄したいときに X を使います。 変更内容を破棄して終了します。

失敗しないための手助けをしてくれるキーは RUDです。

R
今回の選択をキャンセルします。 過去の選択には影響しません。

U
dselectが提案した変更に、さらに変更をしていた場合、Uでdselectが提案した選択に戻ります。

D
自分の選択を残して、dselectの選択を削除する

以下に例を示します。 boot-floppiesパッケージ(初心者には不適切な例かもしれませんが、たくさんの依存関係があるため、敢えて使うことにします)はこれらのパッケージに依存しています。

boot-floppies をメンテナンスしている人達は次にあげるパッケージがインストールされているかも考えます。 これらは、しかしながら、必須ではありません。

したがって、boot-floppiesを選択すると、次のような画面になります。

     dselect - recursive package listing mark:             +/=/- verbose:v help:?
     EIOM Pri Section Package Description
     
     dselect - recursive package listing                         mark:+/=/- verbose:v help:?
     EIOM Pri Section  Package      Description
       ** Opt admin    boot-floppie Scripts to create the Debian installation floppy set.   
       _* Opt devel    newt0.25-dev Developer's toolkit for newt windowing library
       _* Opt devel    slang1-dev   The S-Lang programming library, development version.
       _* Opt devel    slang1-pic   The S-Lang programming library, shared library subset ki

(他のパッケージは、すでにシステムにあるかどうかによって、表示されるかもしれません(表示されないかもしれません)。) すべての必要なパッケージは選ばれていることに気を付けてください。

Rキーで最初に戻ることができます。

     dselect - recursive package listing mark:             +/=/- verbose:v help:?
     EIOM Pri Section Package Description
     
     dselect - recursive package listing                         mark:+/=/- verbose:v help:?
     EIOM Pri Section  Package      Description
       __ Opt admin    boot-floppie Scripts to create the Debian installation floppy set.   
       __ Opt devel    newt0.25-dev Developer's toolkit for newt windowing library
       __ Opt devel    slang1-dev   The S-Lang programming library, development version.
       __ Opt devel    slang1-pic   The S-Lang programming library, shared library subset ki

boot-floppiesをインストールしないと決めたならば、Enterを押してください。

Dキーを押すと、最初に選択した状態に戻ります。

     dselect - recursive package listing mark:             +/=/- verbose:v help:?
     EIOM Pri Section Package Description
     
     dselect - recursive package listing                         mark:+/=/- verbose:v help:?
     EIOM Pri Section  Package      Description
       _* Opt admin    boot-floppie Scripts to create the Debian installation floppy set.   
       __ Opt devel    newt0.25-dev Developer's toolkit for newt windowing library
       __ Opt devel    slang1-dev   The S-Lang programming library, development version.
       __ Opt devel    slang1-pic   The S-Lang programming library, shared library subset ki

Uキーはdselectの選択にします。

     dselect - recursive package listing mark:             +/=/- verbose:v help:?
     EIOM Pri Section Package Description
     
     dselect - recursive package listing                         mark:+/=/- verbose:v help:?
     EIOM Pri Section  Package      Description
       _* Opt admin    boot-floppie Scripts to create the Debian installation floppy set.   
       _* Opt devel    newt0.25-dev Developer's toolkit for newt windowing library
       _* Opt devel    slang1-dev   The S-Lang programming library, development version.
       _* Opt devel    slang1-pic   The S-Lang programming library, shared library subset ki

今はデフォルトのまま進めることを勧めます。 これ以上の操作は後の機会にしましょう。

決定したら、Enterキーを押して、メイン画面に戻ります。 もし未解決の問題が残っていれば、再び他の問題の問題解決の画面に切り替わります。

RUD キーはそのような状況においてとても便利です。 自分で試してみて、すべてを元に戻して、やり直すことができます。 ``Break In Emergency'' と書かれたガラスの箱と見なしてはいけません。

選択画面での選択が終ったら、 I を押すと広い窓になり、 t で先頭に移動し、Page-Down キーで素早く画面の切替えができます。 これで自分の選択を確認してミスを見つけることができます。 ある人達はパッケージ全体を失敗して選択してしまい、気づくのがとてもおそかったそうです。 dselect は非常に力強いツールなので、間違った使い方をしないようにしてください。

次のような状況を考えてなければなりません。

     package category     status
     
     required             all selected
     important            all selected
     standard             mostly selected
     optional             mostly deselected
     extra                mostly deselected

うまくいけば、 Enter を押して、選択を終了します。 もし何かあれば、もう一度選択し直してください。


2.4 ``Install''

dselect は全体で 2050 パッケージを持ち、選択されたものをインストールします。 インストールするにあたり、いろいろと聞いてきたりします。 他のシェルに移動して古い設定と新しいものを比較するのはしばしば便利です。 古いファイルが conf.modules であるとき、新しいものは conf.modules.dpkg-new となります。

新しいマシンではかなり画面のスクロールが速いです。 Control-sControl-q で 画面を止めたり進めたりでき、インストールの最後にはインストールされなかったパッケージの一覧がでます。 すべての記録を取りたければ、 普通のUnixのように teescript を使ってください。

インストールするように設定されていてもまだインストールされていないパッケージがあるとき、そのパッケージに依存しているパッケージはインストールされないことが起こり得ます。 その場合はインストールをもう一度行なってください。 4 回インストールしてすべてのインストールが終わったとの報告もあります。 これはインストール方法によって異なります。


2.5 ``Configure''

ほとんどのパッケージは 3 のインストールで設定をしますが、やり残したものは、ここで設定を行います。


2.6 ``Remove''

必要なくなったパッケージを除去します。


2.7 ``Quit''

たくさんのファイルをシステムに入れたので、ここで /etc/cron.daily/find を実行することを勧めます。 それから、locate を使えば、引数として入力したファイルの場所を出力できます。


[ 前のページ ] [ 目次 ] [ 次のページ ]
初心者のための dselect 入門
Ste'phane Bortzmeyer bortzmeyer@debian.org
Japanese translated: Atsushi KAMOSHIDA kamop@debian.org