D.1. Linux のデバイス

Linux では、/dev に特別なファイルがいろいろとあります。このファイルはデバイスファイルと呼ばれ、通常のファイルと異なる振る舞いをします。デバイスファイルの一般的なものは、ブロックデバイスとキャラクタデバイスです。このファイルは、ハードウェアにアクセスする実際のドライバ (Linux カーネルの一部) へのインターフェースです。その他、あまり一般的ではありませんが、パイプ というデバイスファイルの形式もあります。以下に、最も重要なデバイスファイルを一覧します。

fd0 第 1 フロッピードライブ
fd1 第 2 フロッピードライブ

sda 第 1 ハードディスク
sdb 第 2 ハードディスク
sda1 最初のハードディスクの最初のパーティション
sdb7 2番目のハードディスクの7番目のパーティション

sr0 第 1 CD-ROM
sr1 第 1 CD-ROM

ttyS0 シリアルポート 0、MS-DOS では COM1
ttyS1 シリアルポート 1、MS-DOS では COM2
psaux PS/2 マウスデバイス
gpmdata 疑似デバイス、GPM (マウス) デーモンからのリピータデータ

cdrom CD-ROM ドライブへのシンボリックリンク
mouse マウスデバイスファイルへのシンボリックリンク

null 書き込まれたものをすべて消してしまうデバイス
zero 無限に 0 を読み出せるデバイス