第2章 Debian 11 の最新情報

目次

2.1. サポートするアーキテクチャ
2.2. ディストリビューションの最新情報

この章のより詳しい情報は Wiki を参照してください。

2.1. サポートするアーキテクチャ

Debian bullseye で公式にサポートされているアーキテクチャは以下のとおりです。

  • 32 ビット PC (i386) および 64 ビット PC (amd64)

  • 64 ビット ARM (arm64)

  • ARM EABI (armel)

  • ARMv7 (EABI 浮動小数点ハードウェア ABI, armhf)

  • little-endian MIPS (mipsel)

  • 64 ビットリトルエンディアン MIPS (mips64el)

  • 64 ビットリトルエンディアン PowerPC (ppc64el)

  • IBM System z (s390x)

移植状況の詳細や、お使いの移植版に特有の情報については、Debian の移植版に関するウェブページで読むことができます。

2.2. ディストリビューションの最新情報

Debian のこの新しいリリースには、一つ前のリリースである buster に含まれていたよりさらに多くのソフトウェアが含まれています。このディストリビューションには、13370 以上の新しいパッケージが含まれており、全体のパッケージ数は 57703 以上になりました。ディストリビューション中のほとんどのソフトウェア、すなわち約 35532 ものソフトウェアパッケージ (これは buster のパッケージ全体の 62% にあたります) が更新されました。また、かなりの数のパッケージ (buster のパッケージの 13% にあたる 7278 以上) が、様々な理由でディストリビューションから取り除かれました。これらのパッケージは更新されることはなく、パッケージ管理用のフロントエンドでは 'obsolete' というマークが付けられます。これについては 「利用されなくなったパッケージ」 を参照してください。

Debian は今回も複数のデスクトップアプリケーションとデスクトップ環境をサポートしています。中でも GNOME 3.30, KDE Plasma 5.14, LXDE 10, LXQt 0.14, MATE 1.20, Xfce 4.12 があります。

事務用アプリケーションもオフィススイートを含めてアップグレードされています:

  • LibreOffice が 6.1 へアップグレードされました。

  • Calligra が 3.1 へアップグレードされました。

  • GNUcash が 3.4 へアップグレードされました。

他のデスクトップアプリケーションの更新としては、Evolution 3.30 へのアップグレードが含まれます。

またこのリリースには、特に挙げるなら、以下のソフトウェアの更新も含まれています:

パッケージ10 (buster) でのバージョン11 (bullseye) でのバージョン
Apache2.4.252.4.38
BIND DNS サーバ9.109.11
Cryptsetup1.72.1
Dovecot MTA2.2.272.3.4
Emacs24.5 および 25.126.1
Exim 標準の電子メールサーバ4.894.92
GNU Compiler Collection (デフォルトのコンパイラ)6.37.4 および 8.3
GIMP2.8.182.10.8
GnuPG2.12.2
Inkscape0.92.10.92.4
GNU C ライブラリ2.242.28
lighttpd1.4.451.4.53
Linux カーネルイメージ4.9 シリーズ4.19 シリーズ
LLVM/Clang ツールチェイン6.0.1 および 7.0.1 (デフォルト)9, 10 and 11 (default)
MariaDB10.110.3
Nginx1.101.14
OpenJDK811
OpenSSH7.4p17.9p1
Perl5.245.28
PHP7.07.3
Postfix MTA3.1.83.3.2
PostgreSQL9.611
Python 33.5.33.7.3
Rustc1.341.48
Samba4.54.9
Vim8.08.1