[ 前のページ ] [ 目次 ] [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ] [ 11 ] [ 12 ] [ 次のページ ]

Debian GNU/Linux 3.0 のインストール (Intel x86)
第 10 章 - ブートフロッピーに関する技術情報


10.1 ソースコード

boot-floppies パッケージには、 インストールフロッピーに関するすべてのソースコードと文書とが含まれています。


10.2 rescue フロッピー

rescue フロッピーは Ext2 ファイルシステム (もしくは お使いになるアーキテクチャによっては FAT ファイルシステム) になっていますので、Ext2 あるいは FAT ディスクをマウントできるシステムなら、どれからでもアクセスできるはずです。 Linux カーネルは linux.bin ファイルに入っています。 root.bin ファイルは、Minix もしくは Ext2 ファイルシステムの gzip 圧縮ディスクイメージ (サイズ 1.4M) で、 RAM ディスクに読み込まれ、ルートファイルシステムとして使われます。


10.3 rescue フロッピーのカーネルの交換

rescue フロッピーのカーネルを交換する必要がある場合は、 以下の機能はローダブルモジュールとしてではなく、 直接カーネルに組み込むように設定しなければなりません。

あなたが使おうとしているカーネルでは、CONFIG_DEVFS を 使わ ない ように注意してください。 CONFIG_DEVFS はインストーラと互換性がありません。

ブートフロッピー一式 (root、rescue および driver ディスク) を ダウンロードします。bf2.4、idepci、 compact では、 フレーバーが組み込まれたカーネルを使っています。 idepci や compact を使うと嬉しい理由としては、 それらの driver ディスクが 1 枚か 2 枚にしかならないこと、 カスタムカーネルに必要なドライバをすべて組み込めるだろうこと、 などがあります。 弱点は、同じフレーバー名でカスタムカーネルを作らない場合には、 余計な手間が発生してしまうということです (kernel-package 内の make-kpkg を参照してください)。 また、モジュールに関していくつかのエラーメッセージが表示されるかもしれません。

カスタマイズしたカーネルをコンパイルする際には、置き換えたいカーネルと できるだけ似せた設定にすることをお勧めします。 カーネルのビルドには kernel-source パッケージが用いられていますので、 これを入手します。ついで rescue ディスクから .config ファイルをコピーします (以下参照)。

rescue ディスクイメージをマウントするには、以下のようにします。

             mount -t auto -o loop rescue.bin /mnt

/mnt をマウントポイントに使うとして、 カスタムカーネルを /mnt/linux.bin にコピーします。 次に /mnt にある rdev.sh スクリプトを実行します。 このスクリプトでは、カーネルはこの位置にあると仮定しています。

もし完全を期するなら、カスタムカーネルの System.map を gzip して sys_map.gz とし、さらに config を config.gz として、/mnt に配置しましょう。

ここでディスクイメージを umount して、フロッピーに そのイメージを焼き込みます。 いま作ったカスタムカーネルをハードドライブにインストールするには、 ``カーネルとドライバモジュールのインストール'' の段階で いまビルドしたディスクを使うことになります。 これが driver ディスクが 1 枚だけなのが嬉しい理由です。

フレーバーカーネルを用いたディスクセットを使っているのなら、 AltF2 を同時に押して tty2 に切替え、 Enter を打鍵して、プロンプトを表示させる必要があるでしょう。 ls /target/lib/modules と入力して、driver ディスクが モジュールをどこに配置したかを調べます。 uname -r を実行し、どこにモジュールを置くべきかを調べます。 そして次のように、必要な作業を行います。

             mv /target/lib/modules/* /target/lib/modules/`uname -r`

ここでシェルから抜けて tty1 に戻ります。 最後の手順を正確に実行していないと、 ``デバイスドライバモジュールの設定'' はモジュールを見つけることができず、 悲しい結果になるでしょう。

また、driver フロッピーの modules.tgz ファイルを置き換えたい方もいるかもしれません。 このファイルは単に、gzip で圧縮された /lib/modules/カーネルバージョン の tar ファイルを収録しているだけのものです。 ルートファイルシステムからこのディレクトリツリーを作成し、 ディレクトリの頭からの名前が tar ファイルの内部で同じになるようにしてください。


10.4 あらかじめロードする既存のモジュール

ハードディスクやインストレーション元のデバイスへのアクセスに 不可欠なドライバがある場合は、カーネル全体を再コンパイルしなくても、 既存のモジュールを使用できます。ルートパーティションを マウントする前に、フロッピーディスクからドライバモジュールを前もって ロードできます。そのようなフロッピーを準備するには次のものが必要となります。

Linux マシン上におり、bf2.4 フレーバーを使うとして、 プリロードディスクを作成する手順は以下のようになります。


[ 前のページ ] [ 目次 ] [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ] [ 11 ] [ 12 ] [ 次のページ ]

Debian GNU/Linux 3.0 のインストール (Intel x86)

version 3.0.24, 2002/12/18

Bruce Perens
Sven Rudolph
Igor Grobman
James Treacy
Adam Di Carlo