[ 前のページ ] [ 目次 ] [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ] [ 11 ] [ 12 ] [ 次のページ ]

Debian GNU/Linux 3.0 のインストール (Intel x86)
第 2 章 - 必要なシステム


この節では、Debian を始めるために必要なハードウェアに関する情報を扱います。 また、GNU や Linux でサポートされるハードウェアに関するより詳しい情報への リンクも用意しました。


2.1 サポートされているハードウェア

Debian は、Linux カーネルや GNU ツールセットが必要とする以上のハードウェア を要求しません。それゆえ、Linux カーネル、libc、gcc などが 移植されていて、Debian の移植版が存在すれば、どんなアーキテクチャや プラットフォームでも Debian を動作させることができます。 すでに Debian でテストされている i386 アーキテクチャの詳細は、 移植版のページ (http://www.debian.org/ports/i386/) を参照してください。

この節では、Intel x86 でサポートされるハードウェアのさまざまな設定の すべてに触れることは避け、一般的な情報とさらなる情報が見つけられる場所への ポインタを紹介します。


2.1.1 サポートされているアーキテクチャ

Debian 3.0 は 11 の主なアーキテクチャと、 「フレーバー」と呼ばれる各アーキテクチャのバリエーションを サポートしています。

     アーキテクチャ       | Debian 名称 / フレーバー 
     ---------------------+----------------------------
     Intel x86-based      | i386
                          |   - vanilla
                          |   - idepci
                          |   - compact
                          |   - bf2.4 (実験中)
                          | 
     Motorola 680x0:      | m68k
       - Atari            |   - atari
       - Amiga            |   - amiga
       - 68k Macintosh    |   - mac
       - VME              |   - bvme6000
                          |   - mvme147
                          |   - mvme16x
                          | 
     DEC Alpha            | alpha
                          |   - generic
                          |   - jensen
                          |   - nautilus
                          | 
     Sun SPARC            | sparc
                          |   - sparc32
                          |   - sparc64
                          |   
     ARM および StrongARM | arm
                          |   - netwinder
                          |   - riscpc
                          |   - shark
                          |   - lart
                          | 
     IBM/Motorola PowerPC | powerpc
       - CHRP             |   - chrp
       - PowerMac         |   - powermac, new-powermac
       - PReP             |   - prep
       - APUS             |   - apus
                          | 
     HP PA-RISC           | hppa
       - PA-RISC 1.1      |   - 32
       - PA-RISC 2.0      |   - 64
                          |
     Intel ia64 ベース    | ia64
                          |
     MIPS (big endian)    | mips
       - SGI Indy/I2      |  - r4k-ip22
                          | 
     MIPS (little endian) | mipsel
       - DEC Decstation   |  - r4k-kn04
                          |  - r3k-kn02
                          | 
     IBM S/390            | s390
                          |  - tape
                          |  - vmrdr
                          |
     ---------------------+----------------------------

この文書は i386 アーキテクチャへのインストールを扱います。 なお、他のアーキテクチャに関する情報については Debian 移植版 ページをご覧ください。


2.1.2 CPU や、マザーボード、ビデオカード

サポートされる周辺機器に関する完全な情報は、 Linux ハードウェア互換 HOWTO にあります。この節では基本的なことのみ説明します。


2.1.2.1 CPU

x86 ベースのプロセッサは、AMD や Cyrix のプロセッサを含め、 そのほとんどすべてがサポートされています。 また、Athlon や K6-2、K6-3 といった新しいプロセッサも それぞれサポートされています、 ただし、Linux は 286 やそれ以前の CPU では動作しないでしょう。


2.1.2.2 I/O バス

システムバスとは、CPU と記憶装置のような周辺機器との通信を可能にするために マザーボードに搭載されているものです。 あなたのコンピュータが使っているのは以下のいずれかのはずです: ISA、EISA、PCI、Microchannel アーキテクチャ (MCA、IBM の PS/2 シリーズで採用)、 VESA ローカルバス (VLB、VL バスとも呼ばれます)。


2.1.2.3 グラフィックカード

コンソール端末を使用するためには、VGA 互換のディスプレイインターフェースが 必要です。最近のビデオカードは、そのほぼすべてが VGA に互換性があります。 かつての標準であった CGA や、MDA、HGA なども、X Window System のサポートを必要としないなら動作するでしょう。 なお、この文書で扱うインストールの過程では X Window System は用いません。

Debian がサポートするグラフィックインターフェースは、 XFree86 の X Window System のサポートに基づいたものです。 さらに新しい AGP ビデオスロットは、実際のところ PCI 仕様を部分的に変更した ものですので、そのほとんどは XFree86 の下で動作します。 サポートされているグラフィックバス、カード、モニタ、ポインティングデバイス に関するより詳細な情報については、 http://www.xfree86.org/ をご覧ください。 なお Debian 3.0 の X11 リビジョンは 4.1.0 です。


2.1.2.4 ラップトップコンピュータ

ラップトップコンピュータもサポートされています。 ただラップトップでは、特殊な設計がされていたり、、 閉鎖的なハードウェアが採用されていたりすることがよくあります。 特定のラップトップが GNU/Linux でうまく動作するかどうかを知るためには、 Linux ラップトップページ をご覧ください。


2.1.3 マルチプロセッサ

対称型マルチプロセッシング、もしくは SMP と呼ばれるマルチプロセッシングも、 このアーキテクチャではサポートされています。 ただ、Debian 3.0 の標準カーネルイメージは SMP をサポートしていません。 標準の非 SMP カーネルは SMP システムでも起動できますから、 インストールには問題ありません。 標準カーネルは単純に 1 番目の CPU を用います。

マルチプロセッサを利用するためには、Debian の標準カーネルを置き換える必要 があります。その手順に関する話題は 新しいカーネルのコンパイル, 第 9.6 節 にあります。 現時点 (カーネルバージョン 2.2.22) で SMP を有効にするためには、 カーネルコンフィグレーションの ``General'' セクションにある ``symmetric multi-processing'' を選択してください。


2.2 インストールに利用できるメディア

多くの場合、最初の起動は rescue フロッピー を用いてフロッピーから行う必要があるでしょう。 通常 3.5 インチ高密度 (1440 kb) フロッピードライブさえあれば充分です。 5.25 インチ倍密度インストールフロッピー (1200 k) も提供されています。

いくつかのアーキテクチャでは CD-ROM ベースのインストールをサポートしています。 起動可能な CD-ROM をサポートしたマシンでは、 フロッピーを必要としない 完全なインストールが可能です。 CD-ROM からの起動ができないシステムでは、 そのほかのテクニックを組み合わせれば インストールに CD-ROM を使えます。 CD-ROM からの起動, 第 5.2 節 を参照して一度他の方法で起動してください。

SCSI および IDE/ATAPI の CD-ROM はともにサポートされています。 さらに、Linux でサポートされている (ミツミや松下などの) 非標準の CD インターフェースも、起動ディスクでサポートされています。 しかし、これらのモデルには特別なブートパラメータや、動作のための他の処置が 必要なこともあります。また これらの非標準インターフェースの CD-ROM から起動することは困難です。 Linux 上で CD-ROM を利用するための詳細な情報は、 Linux CD-ROM HOWTO にあります。

ハードディスクから起動してインストールするのも、 多くのアーキテクチャで使える方法です。

またネットワーク越しにシステムを起動することもできます。 ネットワーク越しに起動を行い、 すべてのローカルファイルシステムを NFS でマウントして、 ディスクレスなインストールをすることも一つの選択です。 ただ、この方法を用いる場合は少なくとも 16MB の RAM が必要になるでしょう。 基本システムをインストールした後は (PPP を含め) 任意のネットワーク接続が可能になるため、残りのシステムは FTP、HTTP、NFS 経由でインストールできます。


2.2.1 サポートしている記憶装置

Debian の起動ディスクには、さまざまなシステムに最大限対応したカーネルが 収められています。そのため残念ながら、まったく使われることのないたくさんの ドライバがカーネルを肥大化させています (再構築の仕方は 新しいカーネルのコンパイル, 第 9.6 節 をご覧ください)。 しかし、可能な限り幅広いデバイスのサポートするのは、 さまざまなハードウェアへ確実に Debian をインストールするには 望ましいことでしょう。

一般的に Debian のインストーラは、 フロッピー、IDE ドライブ、IDE フロッピー、 パラレルポートの IDE デバイス、SCSI のコントローラとドライブをサポートしています。 またファイルシステムは、MINIX、FAT、Win-32 拡張 FAT (VFAT) などがサポートされています (NTFS はインストーラではサポートされていませんのでご注意ください。 ただ 新しいカーネルのコンパイル, 第 9.6 節 の説明にしたがって、インストール後に 利用することは可能です)。

MFM、RLL、IDE、ATA など ``AT'' ハードディスクが動作する ディスクインターフェースがサポートされています。 IBM XT コンピュータで使用される非常に古い 8 ビットハードディスクコントローラも、 モジュールとしてのみですがサポートされています。 また、多くのメーカーの SCSI ディスクコントローラもサポートされています。詳細は Linux ハードウェア互換性 HOWTO をご覧ください。

サポートされていないのは、以下にあげるものを含む IDE SCSI ドライブといくつかの SCSI コントローラです。


2.3 必要なメモリ量とディスクスペース

最低でも 12MB の RAM と 110MB のハードディスクが 必要です。 最小限のコンソールベースシステム (全て標準パッケージ) には 250MB 必要です。 X Window System や、開発プログラム、ライブラリなどのソフトウェアを、 ある程度インストールするには、少なくとも 400MB 必要になるでしょう。 ほぼ完全にインストールするなら 800MB 近く必要になるでしょう。 また、Debian で利用できるものをすべてインストールするなら、 おそらく 2GB 近く必要になるでしょう。 ただ、実際にはパッケージ同士の衝突があることから、 「すべてインストール」は意味をなしませんが。


2.4 ネットワーク接続機器

Debian のインストールディスクでは、以下のネットワークインターフェース カード (NIC) がサポートされていません。 サポートされていないのは、 AX.25 カードやプロトコルのもの; 3Com Etherlink Plus (3c505) と EtherLink16 (3c507); NI5210 カード; generic NE2100 カード; NI6510 と NI16510 EtherBlaster カード; SEEQ 8005 カード; Schneider & Koch G16 カード; Ansel Communications EISA 3200; Winbond-840 ベースカード (例 Realtek-100A); いくつかの新しい Tulip ベースカード; そして、Zenith Z-Note ビルトインネットワークカードです。 以下のカードは "bf2.4" フレーバーでサポートしています。 Winbond-840 ベースカード、新しめの Tulip ベースカード、 National Semiconductor DP8381x/DP8382x シリーズ、 Sundance ST201 "Alta"です。 マイクロチャンネル (MCA) ネットワークカードは、 標準のインストーラではサポートされていませんが、 情報を得るのに Linux on MCA や、 Linux MCA ディスカッションアーカイブ をご覧になれます (古いです)。 FDDI ネットワークも、カード、プロトコルともにインストールディスクでは サポートされていません。 サポートされていないカードをサポートする別のカーネルを作成し、 インストーラを置き換えることは可能です (rescue フロッピーのカーネルの交換, 第 10.3 節 をご覧ください)。

ISDN に関しては、(旧) German 1TR6 用の D チャンネルプロトコル はサポートされておらず、Spellcaster BRI ISDN ボードも起動フロッピーでは サポートされていません。

サウンドデバイスは標準ではサポートされていません。 しかしすでに上で述べたように、独自のカーネルを使用するために、 さらなる情報を得る場合は 新しいカーネルのコンパイル, 第 9.6 節 をご覧ください。


2.5 周辺機器およびその他のハードウェア

Linux は、マウス、プリンタ、スキャナ、モデム、ネットワークカード、 PCMCIA カードなどのさまざまなハードウェアに幅広く対応しています。しかし、 システムのインストールに、これらのデバイスが必要なわけではありません。 USB キーボードは追加設定が必要かもしれません (USB キーボード, 第 3.7.3.4 節 をご覧ください)。 この節では、Linux でサポートしつつも、 インストーラではサポートしていない周辺機器の情報を扱っています。 特定のハードウェアが Linux 上でサポートされているかを判断するためには、 もう一度 Linux ハードウェア互換 HOWTO をご覧ください。

USB のハードウェアは "bf2.4" フレーバーでサポートしています。 USB 機器で使用できないものがある場合、カーネル 2.4.x 以降に アップグレードするとよいでしょう。

4 以上の番号が振られたシリアルポートは、通常のカーネルでは サポートしていないことを明記しておきます (/dev/ttyS3まで)。 ポートを有効にするにはカスタムカーネルを作成する必要があるでしょう (rescue フロッピーのカーネルの交換, 第 10.3 節 をご覧ください)。


2.6 GNU/Linux に適したハードウェアの購入

今では Debian や 他の GNU/Linux ディストリビューションをプリインストール したシステムを出荷するベンダもあります。 この恩恵には多少余分のお金がかかるかもしれませんが、 ある程度の安心を購入できることになります。 このハードウェアは GNU/Linux で しっかりサポートされていることが確信できるわけですから。 もし Windows がバンドルされたマシンを買わざるをえない場合は、Windows に付属するソフトウェアライセンスを注意深く読みましょう。 このライセンスを拒否して、 購入元のベンダから払い戻しを受けることができるかもしれません。 こちらに関する完全な詳細については http://www.linuxmall.com/refund/ をご覧ください。

Linux がバンドルされたシステムを購入する場合でも、中古のシステムを購入する 場合でも、そのハードウェアが Linux カーネルでサポートされているか改めて 確認することが重要です。 前述の参考資料の中に、そのハードウェアが挙げられているかどうかを 確認してください。 (もしいれば) 購入先の販売員には、Linux システムを購入することを伝えましょう。 また、Linux に友好的なハードウェアベンダをサポートしましょう。


2.6.1 独占的あるいは閉鎖的なハードウェアを避ける

あるハードウェアメーカーは、どのようにドライバを書いたらよいかをまったく 教えてくれません。また、Linux のソースコード公開を 妨げる NDA (非公開の同意) をしない限り、 文書を見せてくれないメーカーもあります。

これらのデバイスが Linux 上でまったく動作しないのは、 それに関する文書を読むことが許可されていないためです。 このようなハードウェアを作っているメーカーに、 文書を公開するように要請してください。 もしもたくさんの人たちが要請すれば、彼らも Linux が重要な市場であると認識するでしょう。


2.6.2 Windows 固有のハードウェア

Windows に特化したモデムやプリンタが急増するという迷惑な傾向にあります。 これらは Microsoft Windows によって動作するように特別に設計されていて、 「WinModem」だとか「Windows 専用コンピュータ向け特別仕様」などと 明示されているものもあります。 これは通常、ハードウェアに内蔵されたプロセッサを取り除き、 その仕事を Windows ドライバによって CPU に肩代わりさせることによって なされています。この戦略はハードウェアを安価にしたものの、 このような節約がユーザに恩恵を与えるとは限りません。 この種のハードウェアは、同等の機能がハードウェア内蔵のものよりも 高価になることもあります。

Windows に固有のハードウェアは次の 2 つの理由から避けるべきです。1 つめは、 製造メーカーが一般的に Linux 用のドライバを書くために必要な情報を 公開しないことです。一般的にハードウェアおよびソフトウェアのデバイスへの インターフェースは閉鎖的なものであり、もしそれに関する文書が利用可能で あったとしても、関連する情報は公表しないという同意なしには利用できません。 フリーソフトウェアの開発者はプログラムのソースコードを公開するので、 この種のハードウェアはフリーソフトウェア上では利用できなくなっています。 2 つめの理由は、これらのハードウェアには内蔵のプロセッサがないため、 その肩代りを OS がしなければならないということです。 内蔵プロセッサが行う作業は多くの場合リアルタイム処理を要する ものなので、その肩代りをする OS はその作業を高い優先度で実行しなければ なりません。その結果 CPU はこれらのデバイスを制御している間、 あなたのプログラムを実行することができなくなります。 典型的な Windows ユーザは Linux ユーザほど激しくマルチプロセスを 利用しないので、製造メーカーは Windows ユーザがハードウェアの負荷が CPU に置き換わっていることに実際は気付かないだろうと高を括っています。 しかしながら、周辺機器の製造メーカーがハードウェア内の処理能力を ケチったとき、マルチプロセス OS のパフォーマンスは、Windows 95 や NT でさえ悪くなります。

これらの製造メーカーに、ハードウェアのプログラムを作るのに必要な文書や その他のリソースを公開するように働きかけ、このような状況を変化させる手助けは あなたにもできます。しかし、最もよい方法は Linux ハードウェア互換 HOWTO に載るまで、この種のハードウェアを避けることです。


2.6.3 似非 もしくは「仮想」パリティ RAM

コンピュータを取り扱っているお店でパリティ付き RAM を求めるとき、 もしかしたら本当のパリティ付きのものではなく、 仮想パリティのものを手に入れることになるかもしれません。 仮想パリティ SIMM を見分けるには、 パリティなしの同等の SIMM よりもチップがひとつだけ多く、 かつその余分のチップが他のチップよりも小さいことでわかります (常にこの識別が可能とは限りませんが)。 仮想パリティ SIMM はパリティなしのメモリと同様のものです。それらは 1 ビットの RAM エラーを、パリティをサポートしたマザーボード上の 本当のパリティ付き SIMM のようには知らせてくれません。 もうこれ以上、仮想パリティ SIMM に パリティなしの SIMM より高いお金を 払ってはいけません。 もう少しお金を払って本当のパリティ付き SIMM を買いましょう。 こっちでは、ちゃんと 8 ビットにつき 1 ビットのメモリを買うことになりますから。

Intel x86 アーキテクチャの RAM に関する問題や どの RAM を買うべきかについての完全な情報が必要ならば、 PC ハードウェア FAQ をご覧ください。


[ 前のページ ] [ 目次 ] [ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ] [ 11 ] [ 12 ] [ 次のページ ]

Debian GNU/Linux 3.0 のインストール (Intel x86)

version 3.0.24, 2002/12/18

Bruce Perens
Sven Rudolph
Igor Grobman
James Treacy
Adam Di Carlo